ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
公開日 2019年12月02日

【代理店・営業フリーランス向け】PayPayの加盟店開拓をしていただける法人、個人の募集

募集エリア

商材カテゴリ: キャッシュレス決済

気になる
「【代理店・営業フリーランス向け】PayPayの加盟店開拓をしていただける法人、個人の募集」の条件を問い合わせますか?
問い合わせると企業があなたのプロフィールを閲覧することができます。
今すぐ問い合わせる
キャンセル
「【代理店・営業フリーランス向け】PayPayの加盟店開拓をしていただける法人、個人の募集」の条件問い合わせが完了しました。
担当よりご連絡させていただきますので、ご確認ください。
応募からお仕事完了までの流れ 応募からお仕事完了までの流れ
閉じる
閉じる

利用シェアNO.1のQR決済「PayPay」の加盟店開拓!

QRコード決済といえば真っ先に名前が挙がるのが「PayPay」。

利用者は増えているものの、
ショッピングセンターや大手レストランチェーンなどを除く小規模店では
まだ導入されていないところも多いです。

そういった店舗様にPayPayの導入をご提案いただきたいです。

PayPayの魅力

「PayPay」は、スマートフォン一つで簡単に利用できるQRコード決済サービスです。

さまざまなQR決済サービスが乱立する中、2020年2月時点で登録ユーザー数2,500万人突破するとともに、加盟店数も194万ヵ所以上に広がり、右肩あがりにサービスが拡大しています。

さらにPayPayでは、2021年9月30日まで「決済システム利用料無料キャンペーン」を実施中。
本キャンペーンをきっかけに、今まで手数料の負担がネックになりキャッシュレス化を躊躇していた事業者が、続々と加盟店申込みに踏み切っています。

また、専用端末が不要で、レジ横のQRコードをお客様が読み取れば、決済が完了するため、レジ周りのスペースを占領することもありません。

知名度が高く低コストな「PayPay」は、店舗側の導入メリットも高く、どなたでも安心して利用できる商材といえるでしょう。

PayPayを店舗へ導入するメリット

PayPayの導入メリット①:設置スペース不要
PayPayの導入メリット②:低コストで導入ができる
PayPayの導入メリット③:利用者と加盟店数が多く知名度の高いQRコード決済である
PayPayの導入メリット④:集客アップが期待できる

PayPayの概要

乱立するQRコード決済サービスの中で、利用シェアNo1を誇るPayPay。

日経クロストレンドと日経ビジネスが全国1万人を対象に実施した「キャッシュレス決済普及率ランキング2020」でも、PayPayの利用率は、WAONやnanacoをおさえてクレジットカードに次いで2位となっており、LINE Payや楽天ペイなどの競合を大きく引き離しています。

同調査では、2018年では2%だったQRコード決済の利用率が、2019年には18.8%へと約10倍の伸び幅を記録していることも分かっています。

クレジットカードや電子マネーを加えたキャッシュレス決済全体でみると
QRコード決済サービスの利用者はまだ数が少ないのが現実ですが、
今回の結果からもわかるように、今後もQRコード決済サービスの伸びしろは大きく、市場拡大が十分に期待できるといえるでしょう。

PayPayは、サービス開始依頼「100億円あげちゃうキャンペーン」などの大規模なキャッシュバックキャンペーンだけでなく、オンラインショップや請求所払いに対応するなど、
「お得+便利で生活に欠かせないサービス」へと進化することで、多くのユーザーを獲得してきました。

今後も、決済機能サービスをベースに、PayPay内で発注から支払いまでが完了する「ミニアプリ」や、ユーザーの生活に寄り添う「スーパーアプリ」へと進化することで、「いつでも、どこでもPayPayで」という世界観を醸成していきたいと公表しています。

代理店・フリーランスがPayPayを取り扱うメリット

PayPayの代理店メリット①:今後も盛り上がりをみせるキャッシュレス決済サービスの商材を持つことで、集客UPの提案ができる。
PayPayの代理店メリット②:PayPay以外のキャッシュレス決済サービスを利用している店舗には、追加施策として提案できる。
PayPayの代理店メリット③:決済端末の導入営業に合わせて、抱き合わせの提案ができる。

PayPayの対象顧客の特長

・飲食店、小売店、クリニック、美容室など常時、決済が発生する事業者
・キャッシュレス決済を導入検討している事業者
・手数料がネックでキャッシュレス決済導入を踏み切れていない事業者
・キャッシュレス決済導入で、さらなる集客を図りたいと考えている事業者

PayPayの競合サービス

■LINE Pay
日常的に使用するコミュニケーションツールとして有名なLINEが展開する「LINE Pay」は
QRコード決済サービスの中で最も多い、3,600万人の登録ユーザー数を誇っています。(2020年1月時点)

今まで競合として位置づけられていたPayPayとLINE Payですが、2019年11月に経営統合を発表。
両社が統合することで、今後どのような決済サービスが展開されるのか、確定の発表は未だなされていません。

考えられる方向性としては、
①両社が完全に統合し日本最大級のキャッシュレス決済サービスを展開する
②それぞれの強みを生かして、別軸のサービスとして展開する
③PayPayとLINE Payの相互連携が行われる
などが上げられますが、確定情報ではないため、今後も両社の動きを注視する必要があります。

■楽天ペイ
楽天ペイのユーザー数は非公開とされていますが、株式会社ヴァリューズ(マーケティング調査会社)によると2019年6月時点で、月間ユーザー数は525万人を記録しています。

楽天ペイは利用するほど楽天ポイントがたまるため、
1億人に上る楽天会員にとっては魅力的なQRコード決済サービスとして位置づけられ、今後も利用者が伸びることが予想されます。

2020年3月現在、実施中のキャンペーンは
・楽天ペイのお友達を招待すると100ポイントゲット
・ダイコクドラッグで楽天Payを使うと最大10%還元
・東急ストアで楽天ペイを使うと5%還元(要エントリー)

など、楽天ならではの太っ腹なキャンペーンが行われています。

■メルペイ
メルペイは、日本最大級のフリマサイトであるメルカリが手がけています。
メルカリの売上金をそのまま決済に使える利便性から利用者は、2019年10月時点で500万人を突破。

増税前に行われた「特定エリアの決済で20%還元」「1年相当の生活消耗品をポイントバック」など独自性の高いキャンペーンで一気に利用者を拡大。

2020年3月現在も対象店舗で買い物をすると、20~50%のポイント還元キャンペーンを実施しています。

また、メルペイは日本でいち早くQRコード決済を始めた「Origami Pay」との統合を2020年の1月に発表。
両社の強みを活かしたサービスに今後も期待が高まっています。
 
■d払い
「d払い」は、NTTドコモが提供するスマホ決済サービスです。

dアカウントがあれば利用でき、支払い金額200円につきdポイントが1ポイントたまります。

溜まったdポイントは、dTVやdアニメストア、dヒッツ、dマガジンなど幅広いサービスで使用できるため、
これらのdサービスを利用している方には特におすすめ。

また、d払いの料金は、ドコモの電話料金と合算で支払うことができるため、
「まとめて引き落としをしたい」と考えているドコモユーザーの方には利便性の高い決済サービスであるといえます。

■au PAY
「au PAY」は、大手通信事業者であるKDDIが提供する決済サービスです。

キャッシュレス市場において、どちらかといえば後発でスタートしたauPAYですが、
高額ポイント還元キャンペーンや他事業者との連携で、順調に利用者を増やしています。

また、auスマホを使っていると自動的に貯まるauWALLETの残高は、そのままauPAYの決済で使えるため、
auスマホユーザーにとっては、利便性の高いサービスと捉えられ、今後も利用者の拡大が期待できます。

PayPayを販売する際に言う強み

・低コストで導入できる
・QRコードをレジ横に置くだけの簡単設置&邪魔にならない
・競合ひしめく中で利用率No1のキャッシュレス決済サービス
・PayPayの登録ユーザー数は2500万人以上
・PayPayが利用できる加盟店舗数は200箇所以上
・消費者がよろこぶキャンペーンを随時実施している

こだわり条件

  • ウルマップ独占
  • 初期費用・加盟金0円
  • 高報酬
  • 短期間で報酬確定
  • 営業初心者向け
  • 営業経験者向け
  • 営業資料あり
  • 地域限定

報酬確定までの期間

1週〜2週

業界

IT・通信業

対象となる方

・店舗へのフロント商材を探している代理店、紹介店
・個人事業主やフリーランスの営業マンで営業商材をお探しの方
・店舗経営されている知人が多い方
・飲食店、小売店へのルート営業をしている法人様

募集エリア

推奨スキル

新規開拓営業(アウトバウンド)
ルート営業
接客業

初期費用・加盟金

この情報は会員限定です。

無料会員登録するとお読みいただけます。

報酬タイプ

この情報は会員限定です。

無料会員登録するとお読みいただけます。

活用事例

≪個人事業主≫
■飲食店オーナーの知人が多いAさん
小規模店舗では、決済手数料が高いという理由から、キャッシュレス化を見送る店舗が多いのが現状です。個人経営のバーやカフェなどに知り合いの多いAさんはキャッシュレス未導入の個人店舗へ「PayPay」を案内。知名度の高さと期間限定キャンペーンにより手数料0円ということで成約。さらにオーナー同士の横の繋がりにより10件の紹介案件を獲得しました。

≪代理店募集≫
■飲食店・小売店へルート営業している企業
飲食店や小売店へ商品をルート配送する際に、ついでに「PayPay」を紹介して報酬を獲得。さらに大型チェーン店の顧客様へ提案したことで複数店舗の導入が決まり、高額報酬を獲得しました。

商材提供元

■運営元情報
「PayPay」は、スマートフォン一つで簡単に利用できるQRコード決済サービスです。ソフトバンクグループ・ソフトバンク株式会社・ヤフー株式会社の3社が共同出資して設立されたPayPay株式会社が運営しています。
近年キャッシュレス決済の普及により、さまざまなスマホ決済サービスが登場するなか「PayPay」は、2020年2月の時点で登録ユーザー数2,500万人突破し、スマホ決済の中では利用者数No1の実績を誇ります。それに伴い加盟店申込数も194万ヵ所と年々増加しています。

■導入メリット
PayPayを導入する加盟店メリットは以下のとおりです。

①設置スペース不要
②低コストで導入ができる
③利用者と加盟店数が多く知名度の高いQRコード決済である
④集客アップ

さらにPayPayでは、2021年9月30日まで「決済システム利用料無料キャンペーン」を実施しています。手数料の負担が気になることでキャッシュレス化に踏みとどまっていた店舗もこれを機に加盟店申込みするところが増えています。低コストで知名度の高い「PayPay」だからこそどなたでも安心してスタートできる商材といえるでしょう。

今月の人気商材ランキング

おすすめ営業商材

代理店 紹介店 フリーランス(フルコミッション型)

auPAY(QRコード決済)の加盟店開拓、導入提案をしていただける法人、個人の募集

商材カテゴリ:

キャッシュレス決済

代理店 紹介店

d払い(クラウドペイ)の導入提案の代理店・紹介店募集

商材カテゴリ:

キャッシュレス決済

代理店 紹介店 フリーランス(フルコミッション型)

楽天ペイ(QR決済)の加盟店開拓の募集。代理店・紹介店・営業フリーランスの商材におすすめ!

商材カテゴリ:

キャッシュレス決済

代理店 紹介店 フリーランス(フルコミッション型)

Times payの加盟店開拓をしていただける代理店、営業フリーランスの募集です

商材カテゴリ:

キャッシュレス決済

紹介店 フリーランス(フルコミッション型)

副業にもおすすめ!「店舗向けの決済端末商材」紹介のお仕事

商材カテゴリ:

キャッシュレス決済

代理店 フリーランス(フルコミッション型)

【決済端末のご提案】キャッシュレス化にあたり、決済端末導入のご提案をするお仕事です!

商材カテゴリ:

キャッシュレス決済

営業商材が見つかる
ウルマップとは?

ウルマップは代理店、個人事業主、副業向けに営業商材の提供や営業支援を行うプラットフォームです。
代理店や個人事業主は自社商材と併せて営業することで顧客単価を上げたり、立ち上げ時の主要商材探しにご活用いただけます。
副業の方は普段の営業活動に加えることで、副収入を得ることが出来ます。

またウルマップの大きな特徴として、「成果を出すためのノウハウの提供」を行っているという点があります。
ただ営業商材やお仕事を提供するだけでなく、それを活用して売上を最大化するために専任がサポートしていきます。

ウルマップ4つの特徴

多彩なジャンルの商材

フルコミ、固定報酬、
ニーズに答える報酬体系

効率よく営業活動を
行うためのノウハウ

売上向上、利益UPの
ためのバックアップ