ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
公開日:2022年08月02日  最終更新日:2022年08月02日

営業代行で副業を始める方法!メリット・デメリットを解説

副業の仕事

副業として営業代行サービスを行い、営業職での経験を活かしながら収入アップを目指す方が増えています。

しかし、「営業の副業を始める方法がわからない」「自分のスキルを活かせるのか不安」「どのくらい稼げるのか知りたい」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、副業として営業代行を始める方法やメリット・デメリット、注意点などをご紹介します。

営業のスキルを活かしながら、本業以外の収入源を確保したい方や、将来的に独立・企業を目指している方は必見です!

副業としての営業代行ってどんな仕事?

営業代行とは?

営業代行とは、個人や企業における営業活動を外部の人材が代行して請け負うサービスのことです。副業で営業代行をする場合は、一つ本業を持ったうえで、土日や空き時間など、空いた時間に営業代行として働くということになります。

代行の対象となる業務の内容は様々で、営業戦略の策定やアポイント獲得、商談など、業者によって請け負う範囲は異なります。

フリーランスや個人事業主として営業代行を行う場合は、自身の得意な営業プロセスに特化して代行サービスを行うのがおすすめです。

営業代行の仕事内容は多岐にわたる

■テレアポ
テレアポとは、ターゲットとなる顧客に電話でコンタクトを取り、商談や訪問のアポイントを交渉する営業手法です。

商材の成約に至らなくても、アポイントが取れた時点で報酬が発生するので、営業代行の中でも比較的稼ぎやすい業務内容です。

■見込み顧客へのフォロー
見込み顧客へのフォローでは、定期的にターゲットと連絡を取り、相手にとって有益な情報を提供しながら、信頼関係の構築に努めます。

相手の課題を聞き出しながら、必要に応じて商材のメリットを伝えることで、顧客の購買意欲を徐々に育て、成約につなげることが目的です。

■商談
営業代行では、依頼元の起業に代わって顧客と商談を行い、成約を獲得することもあります。

商談において、営業スキルに加えて商材の知識なども必要になるため、自身が営業経験のある業界で代行を請け負うのがおすすめです。

■Web集客
アフィリエイトやSEO対策、ホームページの運営を通して、Web上での集客を代行するケースもあります。

Web集客は、知識が必要な分ニーズも高いので、Webマーケティングのノウハウがある場合はおすすめの分野です。

営業代行以外の副業(営業関連)

■営業マネジメント
営業マネジメントとは、目標達成に向けて営業マンの行動やモチベーションを管理する業務を指します。

営業マン一人ひとりの管理はもちろん、組織全体のパフォーマンス向上や目標達成を総合的にマネジメントする能力が求められます。

そのため、過去に営業組織で責任者をした経験のある人におすすめの領域です。

■営業資料の作成
依頼元の営業マンが商談やプレゼンで使用する資料を作成する代行サービスもあります。

営業資料は、内容だけでなく見やすさ・分かりやすさが重要なので、デザインが得意な人に向いている業務です。

また、打ち合わせでヒアリングした情報をもとに、なるべく依頼元の要望に近い成果物を作るスキルも求められます。

■営業研修の実施
依頼元の企業が新しく採用した人材に対して研修を行い、営業マンの社内育成を代行するケースもあります。

具体的には、未経験の社員に対して営業における基礎知識や心構え、テクニックなどを教育します。

営業部門で部下の教育を行ったことがある場合や、営業会社の人事部で研修を担当した経験がある方におすすめの業務です。

副業でどれくらい稼げる?営業代行で得られる報酬

営業代行の料金形態

■固定報酬型
固定報酬型は、成果に関わらず一定の報酬が受け取れる料金体系で、あらかじめ1人あたりの日当や月額を定めておきます。

万が一、思うように成果が出せなくても報酬がゼロになることはないので、事前に収入の見通しを立てておきたい方におすすめです。

■成果報酬型
成果報酬型とは、アポイント件数や売り上げなどの成果量に応じて報酬の金額が決まるという料金形態です。

たとえばテレアポを代行する場合、「1アポイント獲得につき5,000円」といったように、事前に一件当たりの報酬を設定しておきます。

■複合報酬型
複合報酬型は、固定報酬型と成果報酬型を組み合わせた料金体系です。事前に一定の報酬額を決めたうえで、成果に応じて報酬が上乗せされます。

固定報酬型と成果報酬型、両方の長所を持つため、コスト面と成果面のバランスを取りやすい料金形態といえます。

成果報酬型の報酬相場は依頼内容によって異なる

料金形態が成果報酬型の場合、代行する業務内容によって報酬額の相場が異なってきます。

【​​​​​​テレアポの相場は15,000円〜20,000円】
お客様に電話をかけて、商談のアポイントを取るといったテレアポ業務の相場は、アポイント1件獲得につき15,000円〜20,000円程度です。

ただし、専門性が高くアポイント獲得の難易度が高い商材の営業を代行する場合は、1件当たり40,000円以上で設定している業者もあります。

【商談の相場は10,000円〜30,000円】
アポイントを獲得した顧客に対して、直接商材の案内を行う「商談業務」の相場は、商談1回につき10,000円〜30,000円が目安です。

なお、商談の報酬額は、商材の専門性が高いかどうかや、成約する難易度によっても大きく異なってきます。

【受注の相場は売上の30%~50%】
商談を経て、商材を成約・受注した場合の報酬相場は、売上の30%~50%が目安です。

なお、基本的に受注した際の報酬は、アポイント獲得や商談の費用と別途で請求できると考えてよいです。

商材によっても相場が異なる

営業代行の報酬は、扱う商材の専門性や成約する難易度によっても大きく異なってきます。

たとえば、ウォーターサーバーなど、単価が安く顧客の納得を得やすい商材よりも、医療機器などの高額で専門知識が必要な商材の方が報酬額は高くなります。

商材ごとの報酬相場を調べたうえで、自身のスキルや希望の収入に近いものを選ぶとよいでしょう。

営業代行なら副業で3万~5万円以上稼げる可能性もある

営業代行は、成果物から得られる収益が大きい分、データ入力や内職よりも高い報酬を得やすく、月当たり3万〜5万円以上稼ぎたい方におすすめです。

データ入力や内職の月収は高くても3万円程度が相場なのに対し、営業代行ではアポイントを1件獲得するだけで同額の報酬が発生する場合もあります。

もちろん、成果を出すためにはある程度のノウハウが必要ですが、営業スキルのある方であれば効率的に稼げる副業です。

営業代行で副業をするメリット

収入が増える

営業代行の副業をすることで得られる最大のメリットは、本業以外のチャネルで収入を増やすことができる点です。
テレアポに特化した代行サービスを行う場合、1件あたり20,000円のアポを10件獲得するだけで20万円収入がプラスされます。

また、複数の収入源を確保しておくことで、万が一本業の給料やボーナスが減額された場合にも生活への打撃を軽減することができます。

スキルが身につく

副業として営業代行を行うことで、営業マンとしてのスキルを高めることができる点もメリットの一つです。

商材によって、顧客層や解決できる課題は異なるため、副業を通して幅広い商材を扱うことで、様々なシチュエーションでの対応を経験することができます。

営業の場数を積むことで、提案の幅が広がるため、本業が営業職の場合は総合的な収入アップにもつなげられます。

副業で得た実績がキャリアアップに繋がる

営業代行の副業を通して磨いたスキルを、転職活動や独立といったキャリアアップに役立てることも可能です。

転職活動においては、本業での実績に加えて副業で残した実績をアピールすることで、周囲の営業マンとの差別化を図ることができます。

また、副業を通して、営業代行会社を起業する際に必要な人脈や実績を築くこともできるので、将来的に独立を考えている場合にもおすすめです。

人脈を増やせる

副業として営業代行を行うことで、本業だけでは接点を持てない業界の人とも関わる機会が増えるので、幅広い人脈を形成することができます。

たとえば、副業で得た人脈を通して、新たな見込み顧客を紹介してもらうことで、販路の拡大につながります。

また、転職や独立などのキャリアアップをする際に、アドバイスやサポートをしてくれる人と出会える可能性もあるので、人脈づくりから得られるメリットは大きいです。

営業代行は費用をかけずに始めやすい

営業代行は、事務所やツール、特別な設備などを用意する必要がないので、副業としてチャレンジしやすい点もメリットです。

たとえば、ブログサイトやアフィリエイトを始める場合、ドメインやサーバーの費用が発生しますが、営業代行の場合そういったコストが不要です。

営業代行は電話をする機会が多いので、スマホや固定電話は最低限必要になるほか、訪問をする場合はスーツなどの準備が必要になります。

営業代行で副業をするデメリット

本業に支障が出る可能性がある

副業の営業代行に力を入れすぎた結果、本業の仕事に身が入らなくなってしまう可能性があります。

たとえば、副業に時間を取られすぎて疲労が溜まり、集中力が続かなくなった結果、本業の仕事が進まなくなる可能性があります。

また、副業の対応をするために本業を休む日が増えてしまっては本末転倒なので、業務量は本業と両立できる範囲内にとどめましょう。

収益の見通しが立てにくい

成果報酬で営業代行を行う場合、報酬額は成果に左右されるため、毎月の収入が不安定である点がデメリットです。

ひと月でたくさん稼げる場合もあれば、1円も稼げない時期が発生する可能性もあるので、長期的な収益の見通しが立てにくいです。

そのため、副業収入を頼りに家計を管理するのはリスクが大きいので、あくまでもプラスアルファのチャネルとして考えておきましょう。

トラブルがあっても個人責任で対処しなければならない

副業の営業代行は、個人で契約している業務なので、トラブルが発生した場合も自己責任で対処しなければいけません。

特に、受注したお客様との間に起こったトラブルで責任を問われた場合、損害賠償を請求される可能性もあるので、注意が必要です。

トラブルを防ぐためにも、日頃からクライアントと密にコミュニケーションを取り、損失があった際の責任所在などを明示しておきましょう。

副業で営業代行を始める方法

副業サイトを利用する

クラウドソーシングサイトには、営業職の案件が多数掲載されており、登録者は自分に合った仕事とマッチングすることができます。

基本的に登録費用は無料なケースが多く、得られた報酬からサイトの利用手数料を差し引いた額が毎月振り込まれる仕組みです。

サイトによって、登録している企業や掲載されている業務内容が異なるため、仕事内容や報酬額を見ながら自分に合ったサービスを選びましょう。

フランチャイズチェーンに加盟する

フランチャイズに加盟して、オーナーとして副業をスタートする方法もあります。

オーナーは、現場の売上戦略を監督できるので、自身の営業ノウハウを活かしながら、従業員の業務をマネジメントすることが可能です。

中には、無店舗型やロイヤリティゼロのフランチャイズもあるため、週末起業として始めることも可能です。

副業で営業代行を始める手順(副業サイトを利用する場合)

STEP1:副業サイトへ登録する

副業として営業代行を始める際は、はじめにクラウドソーシングサービスへの登録を済ませましょう。

フリーランスや副業ワーカー向けの案件に特化したサイトもあり、掲載数も豊富なので、自分に合った仕事を効率よく探せます。

自身の経歴やこれまでの実績を細かく登録しておくことで、成果を出しやすい案件とマッチしやすくなります。

STEP2:案件を探す

登録が完了したら、早速案件を探します。副としての営業代行が初めての場合、最初は小さな案件を少しずつこなし、慣れてきたら案件数を増やすのがおすすめです。

また、「顧客の紹介」や「アポイント獲得」など、案件によって報酬が発生する条件が異なるので、事前に確認しておきましょう。

STEP3:見込み顧客を探す

対応する案件が決まったら、これまでの営業経験で培ったノウハウや人脈を生かして、見込み顧客を獲得しましょう。

商材をしっかりと分析し、ニーズが高そうな企業の業種や事業規模、エリアなどを考えたうえで、適切なターゲット層を選定することが重要です。

アプローチをする際は、「商材のメリット」「解決できる課題」を明確に提示して、相手の興味を惹きつけることで、商談に繋がりやすくなります。

副業で営業代行をする際におすすめの副業サイト(マッチングサイト)

ウルマップ

ウルマップは、新規開拓の案件に特化したマッチングサイトで、100種類以上の案件の中から自分に合った商材を選ぶことが可能です。

商材を幅広く取り扱っているため、様々なタイプの営業経験を通して自身の提案幅を広げ、スキルアップに繋げられる点も魅力です。

Sidebizz(サイドビズ)

Sidebizzは、フリーランスや個人事業主の営業マンと企業をマッチングするサービスで、報酬制度は「見込み顧客の紹介」「アポイント」「受注」の3種類あります。

見込み顧客を紹介するだけでも報酬を獲得でき、営業マンに対する売上ノルマもないため、本業とのバランスを重視したい方におすすめです。

Saleshub(セールスハブ)

Saleshubは、営業に課題を抱える企業と、フリーランス・副業を行う人材をマッチングするサービスで、25,000人以上の登録者と、1,800社以上の参加企業が利用しています。

また、本業の人脈を活かして紹介できる企業や業者を登録すると、クライアントからオファーを受け取れる「紹介先登録」というシステムが特徴的です。

kakutoku(カクトク)

kakutokuは、フリーランスや副業ワーカー向けのサービスで、ハイレベルな人材を集めるために事前審査が設けられています。

営業戦略の策定やKPI設計など、営業支援の案件も取り扱っており、クライアントへの貢献度が高い業務が選べるほか、固定報酬型で安定した収入を得られる点も魅力です。

副業で営業代行を始める際の注意点

会社に許可を得る

副業で営業代行を始める場合は、必ず本業で努めている会社で許可を得てからスタートしましょう。

就業規則で副業が禁止されている場合や、事前申告制にもかかわらず無断で副業をしているのが発覚した場合、給与や昇進においてペナルティを課される可能性もあるので注意が必要です。

本業先に副業の相談をする場合は、「業務内容」や「期間」、「予想される仕事の分量」などを事前に整理しておくことで、スムーズに話が進みやすいです。

企業秘密などの情報は注意して取り扱う

企業が所有している顧客情報や商材の情報などは慎重に取り扱い、外部に漏えいしないよう注意しながら管理しましょう。

特に、本業先で仕入れた顧客情報を使って副業の営業活動を展開することで、トラブルに繋がるケースは非常に多いです。

一度トラブルが起きてしまうと、信頼を取り戻すのは難しく、今後案件が獲得できなくなる可能性もあるので注意が必要です。

確定申告を忘れずに行う

副業を行う場合、本業以外で得た収入分は自身で確定申告を行う必要があり、申告をしなければ脱税行為にあたるので注意が必要です。

毎年2月16日〜3月15日に最寄りの税務署または電子申告(e-tax)にて申告が可能なので、忘れずに手続きしましょう。

また、「所得税」に関しては、収入・所得の合計が年間20万円以下であれば申告は不要ですが、「住民税」は金額に関わらず別途で申告が必要です。

長期的に人脈を構築し続ける

副業で営業代行を行う場合は、既存の人脈に頼り切るのではなく、長期的に人脈を広げていく姿勢が大切です。

1件の得意先から紹介してもらえる見込み顧客にも限界があるため、特定の人脈に依存してしまうと、将来的に販路が減退してしまいます。

コンスタントに新規開拓を行い、安定した収益を目指したい場合は、新しく築いた人脈からさらに紹介を受けるなど、日頃から交流の輪を広げるために工夫しましょう。

健康管理にも注意する

副業を始めると、平日の夜や休日など、これまで余暇として過ごしていた時間が仕事に充てられるため、休息時間や睡眠時間が減少しがちです。

本業の勤務時間を除いた場合、労働時間の限界ラインは月80時間で、それを超えると脳や心臓の疾患、精神疲労などによって健康を害するリスクが高まります。

副業で収入が上がっても、体を壊して仕事に支障が出てしまっては本末転倒なので、日頃から十分な休息を取り、健康管理に努めましょう。

副業で営業代行をする際におすすめの業界・業種

副業におすすめの業種1:不動産営業

副業として、賃貸物件の仲介などの不動産営業を行う場合は、不動産会社と業務委託契約を結ぶ方法がおすすめです。

この場合、契約が取れた際に、契約時に設定した手数料分の金額を報酬として受け取ることができます。

なお、不動産仲介を一人で始める場合、宅建の資格取得や専用の事務所を設置する必要があり、手間やコストがかかるためおすすめしません。

副業におすすめの業種2:IT商材の営業

インターネット回線やクラウド型サービスをはじめとするIT商材の営業は、電話営業でも成果を上げやすく、案件の母数も多いのでおすすめです。

IT商材は、複数の課題を抱える顧客や、デジタル化が進んでいない企業相手の場合、複数の商材を組み合わせて受注することもできます。

数ある選択肢の中から、顧客の課題に合わせてベストな提案内容を考えるスキルが必要なので、ソリューション営業が得意な方におすすめです。

副業におすすめの業種3:結婚相談所の営業

結婚相談所の営業代行では、登録している会員に対してヒアリングを行い、マッチングのサポートを行います。

傾聴力や交渉力など、営業の経験で培ったスキルを活かせるほか、他の業種とは違ってノルマがないケースも多いので、副業に割ける時間が限られている方にもおすすめです。

副業の営業マン(代理営業)に向いている人

営業経験がある人

営業代行で成果を出すためには、ある程度のノウハウやスキルが必要になるため、営業の経験がある方ほど活躍できる可能性が高いです。

具体的には、ヒアリング力やメリットの効果的な伝え方、テストクロージングのかけ方など、現場で培ったテクニックは副業においても重宝されます。

また、過去に営業経験のある業界や、販売したことのあるジャンルの商材を選ぶことで、より高い成果を出しやすいです。

可処分時間が多い人

副業を行う場合、平日の夜や休日など、本業の勤務時間以外で仕事の時間を確保する必要があるため、自由に使える時間が多い人に向いています。

また、副業の労働時間は確保できても、休息時間が取れなければ過労によって健康を害してしまうため、注意しなければいけません。

そのため、週休2日未満の方や、普段深夜まで残業することが多い場合は、本業と両立できない可能性も高いです。

人脈を持っている人

営業代行で成果を上げるには、アプローチ数を最大化することが必須なので、豊富な人脈を持っている方におすすめです。

既存の人脈から顧客を獲得できる可能性があるのはもちろん、知人から他の繋がりを紹介してもらうことで、さらにネットワークを広げていくことも可能です。

普段から営業活動を行っているセールスマンをはじめ、イベント主催やブロガーをしている方も、日頃培っている人脈を役立てることができます。

営業の副業は土日祝日限定で始めるのがおすすめ

本業とうまく両立をしながら副業を始めたい場合は、土日祝日限定で営業するというスタイルがおすすめです。

休日を活用して、本業と副業をうまく棲み分けることで、どちらか一方が疎かになってしまう状況を防ぐことができます。

まずは、休日にこなせる業務範囲でスモールスタートして、慣れてきたら徐々に副業のリソースを増やしていくのがおすすめです。

営業職の副業でよくある質問

副業は何円まで稼いでいいのですか?

基本的に、副業収入の金額に制限はありません。

ただし、金額に応じて確定申告の必要がある点は留意しておきましょう。

副業禁止の会社がありますが、なぜダメなのでしょうか?

本業に支障が出ることへの懸念から、副業を禁止しているケースが多いです。

たとえば、副業が忙しいため本業の業務に集中できず、仕事が進まなかったり欠勤が増えるといったリスクが挙げられます。

「副業」と「 複業」の違いは何ですか?

「副業」と「 複業」は、掛け持っている仕事に対する責任の大きさや、時間・労力を使う度合いが異なります。

「副業」が本業の収入を補助するための仕事である一方、「複業」は、本業を複数持っているというニュアンスが強いです。

「副業」と比べて、「複業」はより多くの収入を得られる可能性が高いですが、その分多くのリソースを割く必要もあります。

営業代行の副業をした場合、バレるリスクが高いのはいつですか?

税金関係の処理を行う際に本業以外の収入が発覚するケースが多く、特に6月は最も副業がバレやすいタイミングといわれています。

たとえば、6月に届く「住民税の納付確定書」を処理している際に、課税額が多い点を指摘されて発覚する可能性が高いです。

内職は副業にならないですか?

本業以外で収入が発生するため、内職も副業とみなされます。

そのため、収入に応じて確定申告が必要な場合もあるので注意が必要です。

副業は何個までならOKですか?

基本的に、副業の個数に制限はありません。

ただし、それぞれの収入分で確定申告が必要なので、自身で管理できる範囲にとどめておきましょう。

副業で保険営業は可能ですか?

副業として保険営業を行うことは可能です。

「自ら代理店資格を取る方法」と「保険代理店の非常勤・保険外交員として働く方法」があります。

外回りの営業マンでも副業できますか?

外回りの営業マンでも副業で営業代行を行うことが可能です。

自身の経験を活かして、飛び込み営業や対面での商談に特化したサービスを行うことで、成果を出せる可能性が高いです。

副業で何をやるか迷ったら営業代行がおすすめ!

副業としての営業代行は、スキルを活かしながら高い収入を得られるので、本業以外で仕事を始めたい方におすすめです。

副業で営業代行をするメリットは以下の5点です。

・収入が増える
・スキルが身につく
・副業で得た実績がキャリアアップに繋がる
・人脈を増やせる
・営業代行は費用をかけずに始めやすい

営業代行で副業を始める場合は、自身がどのようなスキルを持っているのか把握したうえで、それを発揮しやすい案件を選ぶことも重要です。

本業との両立や、健康管理に注意しながら、副業を通して収入アップ・スキルアップを目指しましょう!

稼げる営業支援サイト

代理店・営業フリーランス・副業向け

営業商材・案件はこちら

1人あたり100万超えの報酬も
営業会社、代理店から副業まで
幅広く活躍!

営業商材・案件を見る