ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
ウルマップ>UMA記事一覧> 営業マンは髪型で成約率が変わる!おすすめの髪型と併せて気をつけるべきポイント
2019年09月03日

営業マンは髪型で成約率が変わる!おすすめの髪型と併せて気をつけるべきポイント

豆知識

営業マンとして働くなら、常に身だしなみに気をつけなければいけません。第一印象が重視される業界ですから、イメージコントロールのためにも最初に相手の視界に入ってくる髪型は、とくに気をつけるべきポイントです。今回の記事では成約率を上げるために、相手に好印象を持ってもらいやすい髪型や、気を付けるべきポイントについてご紹介します。

営業マンは第一印象が大事

髪型によって成約率も変わる

髪型というのは、確実にその人の第一印象を左右する要素です。せっかく練ってきたプレゼンの計画も、商談に入る前の段階であなたに不快感を抱かれていたら台無しではないでしょうか。極端なたとえではありますが、同じ内容の営業であっても「髪の毛がぼさぼさでフケのついている髪の営業マン」と「しっかりと襟足まで整っている短髪の黒髪営業マン」では、やはり見え方が違ってくると思います。ですから、営業成績をしっかり出したいのであれば、髪型をはじめとした身だしなみにも気を配る必要があるでしょう。

清潔感を与えられるかが重要

営業マンにとって最も優先すべきは「清潔感」のあるスタイルです。耳やおでこを出すことで爽快感が出てくるため、自然と相手があなたにさわやかな印象を持ってくれます。反対に前髪が長すぎて目にかぶさっていたり、耳が隠れているとどうしても暗い印象を抱かれてしまいます。相手に明るい人物だと思われるような髪形が望ましいでしょう。

大事なのはどう見られるかを意識した髪型を選べるか

髪形を選ぶときに心がけたいのが清潔感のほかに、相手からどう見られるかという客観的な視点です。たとえば、あなたにとても似合う金髪のヘアカラーがあったとしても、、クライアントに与える印象が悪ければ台無しです。つねに相手にどう見られるかという視点も加味した上で、髪型を選んでくださいね。

営業マンにおすすめの髪型

まず黒髪は絶対

元々茶色がかった髪色の人を除いて、黒髪は間違いなく相手に安心感を与えることができるのでおすすめです。真面目さや清潔感をアピールできるので、地毛が黒い方はそのままの髪色で営業しましょう。白髪が多いという方は、ドラッグストアで気軽に購入できる部分染めで黒髪に染めてしまったほうがいいでしょう。営業職に従事するなら、金髪はNGということを覚えておきましょう。

おでこは出していた方が良い

清潔感を演出するテクニックとして、前髪を短くしておでこをすっきり見せるというものがあります。おでこを出したほうがいいというのは男女共通なので、前髪が目にかかっているという方や、耳が隠れているという方はスッキリした髪型にして清潔感を出しましょう。

ただし、相手に威圧感を与えてしまう「坊主頭」は避けたほうが無難です。相手を萎縮させないためにも、髪の毛は短すぎず長すぎず程よい長さを保つことを心がけましょう。

耳や襟元に髪がかからないショートのツーブロックが人気

ここまでの内容を含めて、男性営業マンに人気の髪型は「短髪ショートのツーブロック」です。このスタイルは、前髪と耳のあたりがスッキリした髪型なので非常にさわやかな印象を相手に与えることができます。営業マンとして成功したいのであれば、まずは髪型から見直してみてはいかがでしょうか。ただしくれぐれも刈り上げすぎないように気をつけましょう。
また女性の営業マンの場合、髪を伸ばしている方は、結ぶ、まとめるなどして髪が邪魔にならないようにしておきましょう。前髪は、もちろん眉や耳が隠れない長さに調整してくださいね。

髪型と同じくらい大事なニオイ対策

相手と話す以上、口臭は気をつける

ここまでは、相手に清潔感を感じさせる髪型について紹介してきましたが、髪型以外にも相手から好印象を得るために重要な要素があります。それは「ニオイ対策」です。

相手とコミュニケーションをとりながら業務を進める営業マンにとって、体臭や口臭は相手に大きな不快感を与えるため、対策しておきたい要素のひとつです。口臭対策の有無で相手からの印象にも差が出ますから、食後にはしっかり歯磨きをしたり、タングスレーパーのような道具で舌苔を除去するといった対策を日ごろから行うといいでしょう。最近では、持ち運べる口臭対策のタブレットもあるので、常にかばんに忍ばせておくと急な商談でも安心ですよ。

お客様の近くに行くことも考えて体臭もチェック

夏場に電車のような密室で、汗のような不快な匂いにいやな気分になったという経験をお持ちの方も少なくないしょう。相手と近い位置で営業することもある営業マンは、体臭にも気を配る必要があります。

汗をかく夏場の暑い時期は、できれば替えの下着に着替えるなどの対策が望ましいです。さらに着替えのタイミングで、汗拭きシートで首や脇などを拭いておくと体臭抑制効果が上がりますよ。また暑い時期は、寝汗をかくので朝起きた時点で汗臭いということも考えられます。少し早起きしてシャワーを浴び、汗を流すのもいいでしょう。

臭いが気になるからといって香水も×

汗が気になる場合、香水でごまかすという方法はあまりおススメできません。体臭と合わさり、さらに強い匂いを発する可能性があります。それよりは汗のついた皮膚や衣服を清潔に戻すほうが効果が高いです。匂いというのは、汗などにより細菌が増殖する事により発生するので、香水でごまかすといった行為は避けたほうがいいでしょう。

髪型と体臭に気をつけて清潔感を与える努力を

どんなに営業スキルがあったとしても、髪型や体臭に気を配らず相手に不快感を与えてしまっては、台無しになってしまいます。そして清潔感のある身なりでいるということは、相手に対して最低限のマナーであり、できる営業マンこそ共通して気を遣っている部分でもあります。

また、何年も経験を積んでようやく身につく営業スキルに比べ、美容室で髪型を整えることはすぐにできるため、非常に費用対効果のが高い方法だといえるでしょう。社会人のエチケットとして日頃からのケアもこまめに行い、清潔感を保てるよう努力しましょうね。

まとめ

営業の仕事に従事する上で、大事な要素である清潔感の演出に欠かせない髪型。今回の記事では、営業マンにおススメの髪形の条件をご紹介しました。もちろん髪形だけ整えれば仕事が上手くいくというものではありませんが、仕事に真剣に向き合っている姿勢を見せることで、信頼関係構築の一助になると思います。営業の仕事と身だしなみは、気っても切り離せないものですから、清潔感のあるスタイルを心がけて仕事に望みましょう。

ウルマップではこのほかにも、営業マンに役立つ情報を多数掲載しています。もっと成績を上げたいという方のためになる情報が盛りだくさんですので、ぜひ確認してみてくださいね!

>>ウルマップ 営業フリーランス向けお役立ち情報