ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
ウルマップ>UMA記事一覧> 営業職には営業代行の副業が最適!収入を倍増させる仕事のやり方!
2018年10月16日

営業職には営業代行の副業が最適!収入を倍増させる仕事のやり方!

副業の仕事

なかなか時間が取れない営業職の人にとって、副業をするのはなかなか難しいと思われています。ですが最近では「営業代行」という新しい働き方によって、営業職の人でも副業で収入を伸ばしている人が多くいます。
今回は、そんな「営業代行」について紹介し、副業で収入を倍増させる方法を解説します。

営業代行とは何か?

企業のなかには、自社の弱い分野を外部からのサポートによって補うという会社があります。その場合に外部から呼ばれるのは、フリーランスや人材派遣による従業員です。
営業代行はその外部サポートの一種であり、通常は企業が行う一連の営業活動を担当することになります。営業代行は、顧客に対し個人の名前は使用しません。仕事の際は依頼主の名前で営業活動を行うのが特徴です。
なお営業代行と似ている業務形態に、販売代理店というのがありますが、代理店はあくまで自社の名前で業務を進めます。外部サポートの身でありながら、依頼主や企業の代行として動くのが、営業代行という仕事なのです。

営業代行の報酬形態

営業代行の報酬は、主に固定報酬型と成果報酬型の2種類があります。固定報酬型は契約の時点で、決められた報酬をもらえることが保証されている形式です。成果報酬型は依頼主が求める成果が出た場合に発生する報酬、あるいは成果によって決定された報酬そのものを指します。

良い結果が出れば、それだけ報酬がアップするのが成果報酬型です。営業代行で契約をする場合は、どちらの報酬型か確認することが重要といえます。

営業代行のメリットは、自身で取引する企業を選択できることです。契約の際に提示された契約額に納得いかない場合、仕事内容が不満な場合は断れることが営業代行の強みではないでしょうか。また実力次第で、高収入が見込めることも営業代行のメリットです。営業代行という仕事は、自身が出した結果が良ければ良いほどダイレクトに収入に反映されます。

営業代行で請け負う主な仕事内容とは

営業代行は、営業に関する一連の業務を代行するので業務内容は多岐にわたります。しかし、人によって自分の得意分野とそうでないものがあるので、すべての業務をこなせるわけではありません。営業代行を請け負う場合は、契約の際に自身ができることとできないことをはっきりと伝えることが大事です。営業代行の業務内容は、テレアポやweb集客、見込み・既存顧客への連絡やフォロー、商談への同行や交渉代行などがあります。

営業の方法は、外回りなど外勤はフィールドセールス、PCや電話での業務はインサイドセールスという2種類です。企業によって営業代行が担当する業務は、フィールドセールスかインサイドセールスのどちらか、あるいは、両方の場合などさまざまな形態があります。担当する業務が多いほど高い収入が見込めるでしょう。

電話やwebによる新規顧客開拓は、今後、商品やサービスを購入してくれる可能性がある「見込み客」を発掘するインサイドセールスといわれています。そして、テレアポやweb集客などで開拓した見込み客を商談にまでつなげるためには、見込み客に定期的に連絡を取ることが大事です。これらのインサイドセールスも営業代行が担当する対象となっています。見込み客および既存顧客と実際に対面するフィールドセールスも、営業代行の担当業務です。自社の営業マンに同行して交渉をサポートする場合と、交渉そのものを行う場合があります。

既存顧客とコミュニケーションを定期的に取り、リピートオーダーの機会をうかがうことも営業代行の仕事です。これは実際に訪問する場合と電話やメールで行う場合があるので、フィールド・インサイド両方のセールスになります。顧客に対しまめなアフターフォローを行うことも営業代行には必要です。このように営業代行は、さまざまな業務を担当することになります。

なぜ営業職にとって営業代行の副業が最適なのか

上記でお伝えしたとおり、営業代行は商材の提案や、アポ取り、見込客の対応などさまざまな仕事があります。すでに営業職で働いている人であれば、営業代行を副業にすることで、忙しいなかでも効率よく収入を増やすことができます。副業で人気のライターやデザイナーなどは、どうしても非効率になってしまいがちです 。

その理由として、営業職の人は普段から多くの人と関わりながら、本業である自社商品の提案活動を行っているため、普段と同じように営業活動することで、そのお客様が自然と見込客となり営業代行を行うことができるのです。
顧客との信頼関係も築けていると、自社の商談後などに自社製品と関係のない悩みをポロっと打ち明けてくれるので、自然と営業代行の提案ができます。さらにお客様も信頼ある営業マンからの提案なので「あなたにお任せする」と、すんなり契約に繋がりやすい傾向にあるでしょう。
このように営業代行は、本業以外に時間をとることが難しい営業職にとっては最適な副業といえます。

経験を生かしたコンサルティングサービスも人気

営業代行は、営業の実務だけでなくコンサルティング・マーケティング的な業務を請け負うこともあります。具体的な業務内容は、営業戦略の立案、営業職の人材育成、営業活動の仕組みの構築、市場のマーケティングなどです。営業サイクルの立案は、計画・実行・評価・改善を繰り返して行ういわゆる「PDCAサイクル」にそって企業にアドバイスする業務です。そして、企業が新しい営業システムを試したい場合は外部から人材育成および営業活動のシステム構築を導入します。これらの業務を営業代行が請け負うのです。また、企業が抱えている営業マンの教育や営業活動方法の見直し、試作段階の商品やサービスの感想を集めるテストマーケティングも営業代行の業務です。

営業機会を生かして収入を倍増させよう!

営業職は企業が成長するうえで重要な鍵をにぎっている職種といえるので、営業代行は高いニーズのある新しい働き方といえます。営業分野で働いていた人が今までつちかってきたノウハウを活かして、自身の得意分野で効率的に仕事ができるのが「営業代行」です。
営業代行は、実力次第で企業に所属していた時代より高収入が期待できる仕事といえるでしょう。
ウルマップでは、そんな営業代行の仕事を多数掲載しています。営業代行の副業をお考えの場合は是非ご登録ください!

営業機会を生かして収入を倍増させよう!

今回は営業代行の仕事内容や、副業で収入を上げる方法などについてご紹介しました。
営業職という仕事は、企業が成長するうえでも重要なカギをにぎっている職種です。そのため「営業代行」は、今後もニーズの高い新たな働き方といえます。さらに実力次第で高報酬を見込めるため、まさに営業マンにとっては最適な副業といえるでしょう。

ウルマップでは営業代行の仕事を多数掲載しています。営業代行の副業をお考えの場合は是非ご登録ください!