URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 個人が行う営業代行という働き方!徹底解説
2018年10月16日

個人が行う営業代行という働き方!徹底解説

フルコミの仕事

営業成績が常にトップクラスの営業職の人は、その営業スキルによってより高い収入を得られる方法があります。それは、企業に所属するのではなく仕事を請け負う「営業代行」という働き方をすることです。仕事次第で高収入が実現する営業代行とは、いったいどのような働き方なのでしょうか。今回は、営業代行についてのメリットやデメリットなどを詳しく解説します。

個人で行う営業代行とは何か?

企業のなかには、自社の弱い分野を外部からのサポートによって補う方法を実施するところがあります。その場合に外部から呼ばれるのはフリーランスや人材派遣による従業員です。営業代行はその外部サポートの一種であり、通常は企業が行う一連の営業活動を担当することになります。営業代行は、顧客に対し個人の名前は使用しません。仕事の際は依頼主の名前で営業活動を行うのが特徴です。営業代行と似ている業務形態に販売代理店がありますが、代理店はあくまで自社の名前で業務を進めます。外部サポートの身でありながら依頼主や企業の代行として動くのが、営業代行という仕事なのです。

営業代行の報酬は固定報酬型と成果報酬型の2種類があります。固定報酬型は契約の時点で決められた報酬をもらえることが保証されている形式です。成果報酬型は依頼主が求める成果が出た場合に発生する報酬、あるいは、成果によって決定された報酬そのものを指します。良い結果が出ればそれだけ報酬がアップするのが成果報酬型です。営業代行で契約をする場合は、どちらの報酬型か確認することが重要といえます。営業代行のメリットは自身で取引する企業を選択できることです。契約の際に提示された契約額に納得いかない場合、仕事内容が不満な場合は断れることが営業代行の強みといえます。また、実力次第で高収入が見込めることもメリットです。営業代行という仕事は、自身が出した結果が良ければ良いほどダイレクトに収入に反映されます。

営業代行で請け負う主な仕事内容とは

営業代行は、営業に関する一連の業務を代行するので業務内容は多岐にわたります。しかし、人によって自分の得意分野とそうでないものがあるので、すべての業務をこなせるわけではありません。営業代行を請け負う場合は、契約の際に自身ができることとできないことをはっきりと伝えることが大事です。営業代行の業務内容は、テレアポやweb集客、見込み・既存顧客への連絡やフォロー、商談への同行や交渉代行などがあります。

営業の方法は、外回りなど外勤はフィールドセールス、PCや電話での業務はインサイドセールスという2種類です。企業によって営業代行が担当する業務は、フィールドセールスかインサイドセールスのどちらか、あるいは、両方の場合などさまざまな形態があります。担当する業務が多いほど高い収入が見込めるでしょう。

電話やwebによる新規顧客開拓は、今後、商品やサービスを購入してくれる可能性がある「見込み客」を発掘するインサイドセールスといわれています。そして、テレアポやweb集客などで開拓した見込み客を商談にまでつなげるためには、見込み客に定期的に連絡を取ることが大事です。これらのインサイドセールスも営業代行が担当する対象となっています。見込み客および既存顧客と実際に対面するフィールドセールスも、営業代行の担当業務です。自社の営業マンに同行して交渉をサポートする場合と、交渉そのものを行う場合があります。

既存顧客とコミュニケーションを定期的に取り、リピートオーダーの機会をうかがうことも営業代行の仕事です。これは実際に訪問する場合と電話やメールで行う場合があるので、フィールド・インサイド両方のセールスになります。顧客に対しまめなアフターフォローを行うことも営業代行には必要です。このように営業代行は、さまざまな業務を担当することになります。

経験を生かしたコンサルティングサービスも人気

営業代行は、営業の実務だけでなくコンサルティング・マーケティング的な業務を請け負うこともあります。具体的な業務内容は、営業戦略の立案、営業職の人材育成、営業活動の仕組みの構築、市場のマーケティングなどです。営業サイクルの立案は、計画・実行・評価・改善を繰り返して行ういわゆる「PDCAサイクル」にそって企業にアドバイスする業務です。そして、企業が新しい営業システムを試したい場合は外部から人材育成および営業活動のシステム構築を導入します。これらの業務を営業代行が請け負うのです。また、企業が抱えている営業マンの教育や営業活動方法の見直し、試作段階の商品やサービスの感想を集めるテストマーケティングも営業代行の業務です。

営業経験を活かして高収入を狙おう!

営業職は企業が成長するうえで重要な鍵をにぎっている職種といえるので、営業代行は高いニーズのある新しい働き方といえます。営業分野で働いていた人が今までつちかってきたノウハウを活かして、自身の得意分野で効率的に仕事ができるのが営業代行なのです。営業代行は、実力次第で企業に所属していた時代より高収入が期待できる仕事といえます。