URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> ウルマップのフリーランス営業はここが違う!なぜ多くの人に選ばれるのかを考えてみた
2018年12月21日

ウルマップのフリーランス営業はここが違う!なぜ多くの人に選ばれるのかを考えてみた

フルコミの仕事

自分らしく柔軟に働ける上、自信を持った商材を売り込めるという点から人気の高いフリーランス営業という働き方。本業副業を問わずその人らしく働ける上、スキルアップしつつ報酬を得ることができます。
この記事ではフリーランスについて紹介するとともに、ウルマップでのフリーランス営業が選ばれる理由についても触れています。

フリーランス営業ってどういう働き方?

フリーランス営業とは企業に属するのではなく、営業支援として商品を売り込む働き方のことです。営業職というと企業に就職した上でその会社の商品を売り込むというイメージが強い仕事ではありますが、フリーランス営業職は取引先の企業とは「業務委託契約」の形態で契約します。
ご自身のやりたい仕事ができて、なおかつ組織に拘束されないという柔軟な働き方が可能になる点からも人気が高い働き方です。企業勤務であれば時間的拘束は当たり前でしたが、フリーランスなら自分自身で立てた計画に基づき、自由な時間の使い方が可能になります。扱う商材も自分で考えて揃えられるため、自分自身で練りこんだ戦略でのプレゼンテーションを行えるようになります。

将来的にはフリーランス営業を経た後、さらに営業スキルを高めていく方もいれば企業にコンサルタントやマネージャー、研修講師として指導する道などキャリアパスも多彩です。フリーランス営業は、将来性もある仕事だと言えます。

時間に拘束がない反面自分でスケジュールを立てて仕事をしなければいけないため、自己管理が大事になってくる点は留意しておきましょう。

フリーランス営業はどんなメリットがあって、どのくらい稼げるの?

フリーランス営業の平均年収は?

2015年の中小企業庁の小規模企業白書によるとフリーランスの年収で一番多かったのが100万円未満の21.5%、次いで多かったのが100万円以上~200万円未満の18%という結果が出ています。ここから平均を出すと年収は概ね数万円~200万円前後が最多といったところでしょうか。フリーランスの平均年収としては、だいたい200万円未満が平均ということがわかりました。

またフリーランス協会発表の「フリーランス白書2018」、には職種別の年収調査
が掲載されており、この中で専門・士業系のフリーランスやビジネス系、コンサルタント・カウンセラー系のフリーランスで働いている人は年収1000万円以上の割合が1割~2割と他業種に比べて割合が多くなっていました。このことから、フリーランス営業においては本人のスキルや取り組み次第では高収入も夢ではないことがわかります。

フリーランス営業のメリット

【自由に商材を選べる】
会社勤めの営業マンと違い、ご自身の扱う商材を選ぶことができます。会社員の場合ですと、正直これは売れない…と思ったものでも取り扱わなければなりませんが、フリーランスなら自分が売りたいと思ったものを選んで営業できます。自信を持って営業活動に取り組めますね!

【時間を好きに使える】
会社勤めの営業職は、出勤時間などは会社が定められた規定に添わなければいけません。その点フリーランスであれば仕事の都合に合わせて、自ら休む時間と業務時間を切り替えていけます。今まで時間外労働が多く負担を感じていた方などは、フリーランスに切り替えることで自分の時間を多く持てるようになるかもしれませんね!

【自信ある営業スタイルで仕事ができる】
営業スタイルに制限がかからないので、セミナーで得た農法などをそのまま持ち込めるという強みもありますね。会社の規則にとらわれず、得意とする営業の方法を貫けるというのもフリーランスの強みです。

【成果の分だけ報酬がもらえる】
フリーランス営業は成果報酬のため、成果を上げれば上げるだけお金をカセフゲルというのも大きなメリットではないでしょうか。会社勤めの営業職は一定の給料しかもらえない上に、優秀な成績を残せても大幅に給料が上がるということはありませんよね。その点フリーランスは営業成績に応じた成果報酬
ですから、成績がいいのになかなか給料が上がらず不満を抱いている方には特にオススメのは働き方と言えます。

フリーランス営業のデメリット

【収入が安定しない】
フリーランスの報酬は成果によって変動するので、多く契約が取れれば高収入が得られ、逆に成果が出せなければ収入は少なくなります。
毎月の収入を安定させたいという人にとってはこのばらつきは不安要素となってしまうでしょう。

【確定申告に手間がかかる】
会社に勤めていた時は、確定申告は会社側が代わりに行ってくれていました。ですがフリーランスは地震で所得を明らかにし、確定申告を管轄の税務署に提出しなければなりません。確定申告の書類作成は手間がかかりますから、人によっては税理士の手を借りるなどの対策を取る必要があるかもしれません。

営業マンがウルマップを選ぶ理由

充実のサポート体制

ウルマップではこれからフリーランスで働きたいというかた向けのサポートも充実していますよ!いま現在は企業に勤めているけれどこれからフリーランス営業に転身しようとしているが、なかなか踏み出せない人に向けの案件も豊富にご紹介しています。不安に思うことや疑問などありましたら、サポートにご相談くださいね。具体的なサポート方法としては、仕事決定後もチャットによるサポートを継続しています。仕事の発注者に疑問を感じた時でも、サポートに相談できるというのは心強いですよね!

自身のスタイルに合わせた効率的な働き方ができる

ウルマップのお仕事では、スポット仕事やフルコミ系など多種多様な業態から、ライフスタイルに合わせた業務をお選びいただけます。
営業マンの仕事の上で重要な商材もしっかり揃っていますし、バックアップ体制が整った状態で仕事に取り組んでいただけます。
そのため、安心して営業活動を行うこともできますし、現在就いているご自分のお仕事にプラスして、空いた時間に副業として営業をすることも可能です。
生活や思い描くキャリアプランに合わせ、柔軟に働いていきましょう!

まとめ

フリーランスの営業についてそのメリットやデメリット、平均収入などをご紹介しました。時間に縛られず、ご自身の得意とするスタイルで営業活動ができるフリーランスは、自分らしさを保ったまま働きたい人には特に適性の高い働き方なのではないでしょうか。

特にウルマップでは豊富な商材をご用意していますから、ご自身が「これなら売り込める!」と思えるものを、自信を持って営業にあたっていただくことができます。現在の企業勤めからフルコミッションとして働くフリーランスへの移行はもちろん、本業とは別に、隙間時間を活かした副業として活躍することも可能です。隙間時間でスキルアップしつつ報酬も稼げるというのは魅力的な働き方ですよね!
会員登録はもちろん無料です。フリーランスでの営業に興味がおありでしたら、ぜひ登録してみてくださいね!
ウルマップ>
https://urumap.com