URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> フルコミッションって何?稼げるの?
2018年05月31日

フルコミッションって何?稼げるの?

フルコミの仕事

固定給与制ではなく、仕事の成果に応じて賃金が支払われるフルコミッション制。成果に応じて収入が増えるので、将来は独立してフルコミッションで働きたいと考える人もいるようですね。
今回の記事ではフルコミッションの意味について説明すると同時に、魅力についてご紹介したいと思います。フルコミッションについて興味のある人、フルコミッションで働きたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

フルコミッションの意味とは?

まずはコミッションとフルコミッションについて説明させていただきます。

・コミッション(歩合制):出来高に応じて報酬が支払われる手数料(歩合)のこと。

・フルコミッション(完全歩合制/完全歩合給):仕事の成果に応じて報酬が支払われる給与形態。あるいは、その制度で支払われる報酬のこと。

歩合制は基本的に会社に雇われて働くことであり、仮に仕事の成績が悪くても給料がもらえます。仕事の成績に関わらずにもらえる「基本給」と、成績に応じて発生する「歩合給」に分かれており、出来高に対して得られる報酬の比率は完全歩合制に比べると低いのが特徴的ですね。
それに対して完全歩合制では成績が上がれば上がるほど収入が上がり、歩合制に比べると報酬の比率はかなり高く設定されています。その反面で成果が出なければ収入が発生しなくなるというリスクもあるので、報酬の比率が高く設定されているという面もあるようですね。
フルコミッションで働く場合は企業に雇われる形ではなく、通常は個人事業主として独立して企業と契約を結び働くことになります。

フルコミッションが多い業界とは?

フルコミッションが多い職業にはフリーランスのクリエイター、営業職、タクシードライバーなどが挙げられます。中でも営業はバリエーションが豊富で、不動産・保険・通信回線・ネット広告などが多いとされています。
営業職と一口に言っても範囲はさまざまで、見込み客の開拓から契約成立までの流れを一通り任されるケースもあれば、見込み客のアポ取りだけを行えばいいというケースも存在します。後者の場合だと経験を問われないケースもあるのですが、報酬は少なめです。副業で始める場合は現在の力量や1日の中で割けるリソースをよく考え、条件に合った仕事を選ぶといいでしょう。

フルコミッションで働くメリットとは?

フルコミッションで働くことには大きな魅力が存在し、以下のような点をメリットとして挙げる意見が多く見受けられます。

高額報酬が期待できる

フルコミッションの最大の魅力は、なんといっても成績に応じて収入が伸びるという点にあります。優秀な成績を出せば会社に勤務している時よりも遥かに高額な報酬が期待できるでしょう。会社で勤務している場合では歩合制として多少ボーナスが支給される内容でも、フルコミッションで同様の成果を出すのであれば遥かに高額な報酬が期待できます。高額報酬はフルコミッションの大きな魅力であり、能力のある人がフルコミッションを選択する理由の一つとしても挙げられています。努力した分だけ収入として手元に戻ってくるので非常にやりがいがあり、高いモチベーションを持って仕事に取り組めますね。

自由度が高い

フルコミッションは企業と雇用契約を結ぶ関係ではないので、時間に自由が効きやすいというのも魅力の一つです。毎日決まった時間に出社して会社に拘束されることがなく、自分の判断で1日の時間を自由に使えるので、自由度はかなり高くなりますね。契約した会社にもよりますが、月に一度だけ定期的な打ち合わせに参加する、あるいはまったく会社に顔を出さなくても良いというケースも存在します。会社から課せられるノルマはないので、自分でノルマを設定し、それが達成できたら後はのんびり過ごすというスタイルも可能ですよ。

フルコミッションに向いているのはどんな人?

これまでの項目では、フルコミッションの意味や魅力について説明してきました。フルコミッションは0か100かの世界であり、はっきりと明暗が分かれています。完全実力主義が徹底している形態なので、誰もが向いているとは言えない世界でもあります。一体どんな人がフルコミッションで働くことに向いているのでしょうか。主に以下のような要素を持つ人は、フルコミッションの仕事に向いていると言えるでしょう。
・自分の営業力に自信がある人
・安定にこだわらない人
・コミュニケーション能力がある人
・向上心を絶やさない人
・自分を律することができる人
・成果が見えることでモチベーションが上がる人
・一度儲かったからといって怠けずに自己管理できる人
・歩合制の仕事でも多くの実績を上げた経験のある人
など

フルコミッションのデメリットとは?

向いている人にとっては大いに恩恵が得られるフルコミッションですが、メリットは裏を返せばデメリットにもなりかねません。フルコミッションのデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

成果が出なければ給料が極端に下がる

フルコミッションは完全実力主義の世界なので、成果が上がらない時には収入がゼロになるリスクも発生します。また契約の内容によっては、仕事にかかる諸経費(ガソリン代、通信費、コピー代など)を自腹で負担しなければならない場合もあります。思うように成果が出ない場合のことも想定して、事前に生活費をどうするか検討しておくといいですね。

仕事がスムーズに片付かない場合、労働時間が長くなる

仕事がスムーズに片付いた場合は残りの時間をのんびり過ごすことも可能ですが、そうでない場合には長時間労働が発生する可能性もあります。副業としてフルコミッションの仕事を行う場合には、睡眠時間や休日を削りがちになってしまうケースもあるようですね。

仕事の管理はすべて自分で行う

スケジュール管理やノルマ管理は自分で設定し、目標を達成できるよう自己管理を徹底して行わなければなりません。

これらのことを踏まえた上で、実際にフルコミッションの仕事を行うかどうかを検討するといいですね。

まとめ

今回の記事ではフルコミッションの意味について説明すると同時に、メリットやデメリットについてもご紹介しました。フルコミッションは会社で勤務するよりも成果が見えやすく、努力の結果が収入という形で分かりやすく還元されます。その一方で安定性という意味においてはやはり会社勤めの方が強く、どちらを選ぶかは1人1人の考え方次第と言えるでしょう。

現在、ウルマップでは、新電力の切り替えのお仕事でフルコミッション案件を募集中です。
興味のある方は、サポートがついていますのでこの機会に応募してみてはいかがでしょうか。

初めてフルコミッションの仕事を手掛ける場合には、まずは副業として開始しバランスを掴むという選択肢もあります。実際にフルコミッションの仕事を経験することで流れが把握できれば、後に独立する場合にも大いに役立てられるでしょう。