URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> カーディーラー・不動産営業の方必見!フルコミッションという働き方
2018年07月20日

カーディーラー・不動産営業の方必見!フルコミッションという働き方

フルコミの仕事

カーディーラー・不動産営業の方必見! フルコミッションという働き方

不動産、自動車、保険、食品、インターネット回線など営業はさまざまな職種に存在します。多くの会社では営業職の給与に歩合給が設定されていることが多いかと思われますが、現在の歩合給で満足しているでしょうか。
最近では営業の求人に目を向けると「フルコミッション」「完全歩合制」と書かれているものをよく見かけるようになりました。フルコミッション営業であれば今以上に大きく稼げる可能性があるので、今回はフルコミッションという働き方について説明させていただきます。

歩合制と完全歩合制の違いとは?

歩合給とは「固定給+成果に応じて支払われる報酬」を指します。毎月決まった額の基本給が支払われる上で、仕事の成績や売上に応じて計算された給与がプラスで支払われる、いわゆる成果報酬型の給与形態です。
一口に歩合給といっても、企業によってスタイルが違う場合があるのをご存知でしょうか。歩合給には大きく分けて、以下のようなものが存在します。

安定型の歩合給

毎月の固定給の割合は高めに設定されているけれど、歩合給は少なめに設定されている給与形態となります。成績があまり振るわない月でも安定した給与が得られるので安心して働ける反面、大きな契約を取れた時に得られる恩恵が少ないのが特徴と言えるでしょう。

売上連動型の歩合給

毎月の固定給の割合は低く設定されている反面、歩合給は高めに設定されています。成績が振るわない月に得られる給与は少なくなりがちですが、成功した時には月収100万円以上稼げるというケースもあるようですね。

これらの歩合給に対して、完全歩合給(フルコミッション)という労働形態が存在します。フルコミッションは基本給なしの完全出来高制であり、月々の固定給がない代わりに契約1件あたりの報酬額が高く設定されています。

ただし企業と雇用された労働者の間でフルコミッション契約を結ぶのは違法となるので注意してください。
それというのも労働基準法の第27条において「出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない」と定められているからです。

「業務委託」という形なら企業と雇用契約を結んだ形にはならないので、最低賃金が発生しません。フルコミッションで働く場合は業務委託という形で、企業と個人事業主・フリーランスの間に契約が結ばれるのが一般的ですね。

フルコミッションが多い職業

フルコミッションが多い職業の一つに、営業職が挙げられます。不動産、保険、カーディーラー、ネット通信、美容などの業界ではフルコミッションで働く人が多いようですね。フルコミッションは得られる報酬が高額となるのでやり甲斐があり、営業の腕に自信のある人や、これからスキルを磨いて能力を伸ばしたい人にオススメですよ。

たとえば不動産営業の場合、1件の成約における利益はとても大きいので、マンションなら1件の成約を取るだけで数百万円~数千万円の利益が入ります。その場合、企業の歩合制で働いている時よりも遥かに高額の報酬が自分の元に入ってくることになるでしょう。現在不動産営業で働いている人は、今まで培ったノウハウを活かして大きく稼げることになりますね。

また自動車も1件あたりの成約による利益が大きいので、ディーラーのフルコミッション営業もオススメです。車は家の次に大きな買い物とも言われているのをご存知でしょうか。ディーラー営業の場合も、培ったノウハウをそのまま活かして高収入に繋げられますね。

営業職は業務幅が広く、他の業種であっても応用が効きやすいという特徴があります。コミュニケーションが求められる仕事なのはもちろん、物事を具体的に分かりやすく相手に伝える能力も求められますよね。営業職を通して培ったさまざまなスキルを駆使して、フルコミッションでさらに大きく稼ぎましょう。

まずは副業でスタートする!

フルコミッションによって得られるメリットは甚大ですが、いきなり完全出来高制であるフルコミッションに挑戦するには心配がつきものですよね。

成果が出ない月には、最悪のパターンだと収入がゼロになるというリスクもあります。そうなると生活費を賄う為にアルバイトをしたり、貯金を切り崩したりする必要が出てきてしまいますよね。そうならない為にも事前の準備が肝心となります。

もしもの時の為に貯金を蓄えておくのも大事ですが、まずはお試しとして副業でフルコミッション営業を始めてみてはいかがでしょうか。いきなり本業で始めると失敗した時のダメージも大きくなりがちですが、副業としてのスタートなら本業による収入があるので、失敗しても生活できなくなるという心配がありません。

副業にオススメの仕事を紹介します!

副業に向いたフルコミッション営業として、以下の二つをご紹介します。

新電力

2016年4月から電力の自由化が始まったので、現在注目されている新たな市場です。今まで使っていた電力会社から、新電力に切り替える家庭や店舗、企業などが増えているようですね。

行きつけのお店などで電気代削減として新電力サービスへの切り替えを提案し、契約が取れれば報酬が受け取れます。新電力は1件あたりの報酬額は高く設定されている場合が多いので、うまく契約を取れれば収入の大幅アップに繋げられますよ。

都市ガス

こちらも2017年4月から自由化が始まりました。電力と同様、ガスの切り替えサービスを行う会社が多数登場しています。こちらも行きつけのお店などでガスの切り替えを提案し、成約に至れば報酬が得られますよ。ただし1件あたりの報酬額は電力に比べると低い割合が多いので、その点は留意しておいてください。

どちらも現在の人脈を活かして仕事に繋げられるので、副業としてフルコミッションの手応えを掴むのにオススメです。

まとめ

今回は営業職にオススメの、フルコミッションという働き方について紹介しました。
フルコミッションはノルマが設定されていることがないので、職場からノルマ達成のプレッシャーをかけられる心配がありません。その代わりすべて自分で管理を行い、ノルマも自ら設定する必要があります。いきなり本業で始めるのはハードルが高くなりがちですが、副業としてスタートすれば収入ゼロで生活が困るということもありません。副業として続けていく中で、次第に勘も掴めてくるでしょう。

また電力や都市ガスといったエネルギー関係の営業であれば、行きつけのお店などに働きかけることで今ある人脈を活かした営業活動が行えますよ。成約率を増やしていけば自信に繋がり、いずれ本業としてもフルコミッションの仕事を始められるようになるかと思われます。

歩合制と完全歩合制であれば、完全歩合制の方が成約時に得られる報酬額が大きくなります。今までに培ったノウハウと人脈を活かし、ぜひ将来の収入アップへと繋げてくださいね。