ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
公開日:2021年01月28日  最終更新日:2021年01月28日

キャッシュレス化の必要性とは?消費者と事業者の視点から

キャッシュレス

はじめに

キャッシュレスという言葉を新聞、テレビなどで目にすることが多くなりました。
特に、 2019年10月からは、「キャッシュレス・消費者還元事業」として、キャッシュレス決済で支払った際に消費者にポイントを還元する事業が始まったこともあり、これを機に日常の買い物をキャッシュレス決済に変えたという方もいるのではないでしょうか。
今回は、キャッシュレス化がなぜ必要なのか、消費者と事業者目線に分け解説していければと思います。

日本と世界のキャッシュレス市場

2020年以降、「キャッシュレス・消費者還元事業」により日本でも本格的にキャッシュレス化が進みつつありますが、海外諸国と比較すると、いまだ整備が遅れていることは否めません。

各国のキャッシュレス決済比率
韓国(96.4%)
中国(60%)
米国(46.0%)
日本(19.8%)
※野村総合研究所「キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識」より)

さらに地方自治体に至っては、レジ等の利用もなく、現金の手渡しによる運営をしている光景も目にすることもあるかと思われます。
そんな中、日本では2025年6月までにキャッシュレス決済比率を4割程度とする目標を掲げています。

キャッシュレス化による変化

日本全体で推進しているキャッシュレス化ですが、消費者と事業者それぞれにどのような影響があるのでしょうか。

消費者目線
・家計管理が簡単になる
・大量に現金を持ち歩く必要がなくなる
・ポイント還元やキャンペーン割引を受けられる

消費者としては、キャッシュレスを利用することによるポイント還元や現金を持ち歩くリスクが軽減されるというメリットが生まれます。
同時に日本としても、購買意欲の促進や治安の向上にもつながる内容となっております。

事業者目線
・レジ締めや現金取り扱いの時間の短縮
・データ化された購買情報を活用したマーケティング
・キャッシュレス決済に慣れた外国人観光客の需要の取り込み
・決済を簡易化することで消費者の購買意欲を促進

事業者としては、業務の効率化、データによる経営分析、来日観光客等への対応による売上向上と複数のメリットが生まれます。

一方で、キャッシュレス導入による、セキュリティ強化の必要性等も発生するため、安全性の確保をしつつ、対応していく必要性があります。

コロナ禍におけるキャッシュレス

金銭の受け渡しの排除による非接触対応、キャッシュレス化によるレジ対応の短縮。
これらの影響により、世界で猛威を奮っているコロナ禍においても重要視されております。

新型コロナウイルスは、くしゃみや会話によって発生する飛沫や、タッチパネルやボタンなどの接触により感染します。
たとえば、紙幣やATMに触れたり、レジ周りの客や店員の距離が近い空間に長居することは、感染の可能性を高めることになります。
その点キャッシュレス決済であれば、多くの人が接触する紙幣やATMに触れる必要はなく、自分のクレジットカートやスマートフォンで決済できます。
さらに、レジでの決済もスムーズに行えるため、客や店員との距離が近いレジ空間に長居することもありません。

つまり、ウイルス感染の可能性を低く抑えるために、キャッシュレス決済が好まれるようになってきているという背景があります。

キャッシュレス化の必要性

キャッシュレス化することにより市場の活性化、業務の効率化、さらにはコロナ化における感染予防としても効果を発揮します。

日本のキャッシュレスは、無料導入をすることができるキャリアが多く存在しております。
また、消費者の購買意欲を高めるためのキャリア負担のポイント還元施策や、日本に推進による導入支援・ポイント還元もあります。

消費者としても事業者としても、導入することによるメリットが多くあるため、ぜひ導入をおすすめしたいと考えます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?慣れていた環境からの変化とは受け入れるまでに時間はかかるかもしれませんが、より便利に、より効率よく、より経済環境も活性化するキャッシュレス。

コロナ化における感染予防にもつなげることもできるため、利用・導入を検討していただければと思います。

稼げる営業支援サイト

代理店・営業フリーランス・副業向け

営業商材・案件はこちら

1人あたり100万超えの報酬も
営業会社、代理店から副業まで
幅広く活躍!

営業商材・案件を見る