ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
2019年09月30日

営業マンのスーツ選びとマナー完全版!結果を出す営業マンになるために必要な身だしなみとは

営業マンのスキル

営業マンにとって身だしなみはとても重要な要素です。営業は第一印象が大事な仕事と言われており、好印象を与えられるかどうかは成約率にも関わってきます。第一印象を良くするためにも、身だしなみを整えなければいけません。

とはいえ、高価なスーツを揃えれば良いというものでもないのが難しいところ。大事なのはあくまでも第一印象です。背伸びして効果なスーツを揃えてしまうと、かえって悪印象を抱かせてしまう結果にもなりかねません。営業マンにとって欠かせないアイテムと言っていいスーツ。今回はスーツの選び方や、必要な身だしなみについて解説します。

営業マンのスーツに適した色

営業マンはスーツ選びを間違えると、お客様に悪い印象を与えてしまう場合もあります。そうならないためにもスーツ選びは適切に行い、着こなしに注意してください。一般的に好印象を与えるとされるスーツの色は、ダークスーツを言われています。ダークスーツの中でも、とくに印象が良いとされるカラーは以下の三つなので参考にしてください。

・ブラック
・グレー
・ネイビー

シャツの色は白もしくは薄いブルーが合わせやすく好印象を与えやすいとされています。

営業マンのスーツに適したデザイン

スーツの色が決まったら、次に気になるのがデザインではないでしょうか。ビジネスにもフォーマルにも利用でき、困った時に頼りになるのが落ち着きのある無地のスーツです。無地のスーツは最低でも一着持っておくといいでしょう。

他にもビジネスでよく見かけるスーツの定番デザインにストライプ柄がありますよね。ストライプと言っても線が細いものから太いもの、間隔が狭いものや広いものが存在します。ストライプはデザイン次第で相手に与える印象が異なってくるので、ビジネスシーンに応じて使い分けるといいでしょう。一般的には以下のような印象を与えやすいので、こちらも参考にしてください。

・間隔が狭く細いストライプ … ドレッシーな印象
・間隔が広く太いストライプ … 力強く華やかな印象

サイズ感も重要

スーツを選ぶ時は、自分の体に合ったサイズを選びましょう。自分のサイズに合わないスーツを選んでしまうと、好印象を与えられない可能性があります。たとえばブカブカのスーツを着ていると、だらしない印象を与えてしまうかもしれません。お客様に好印象を与え、良い営業成績を残すためにもサイズに合ったスーツを選ぶ必要があります。

自分に合ったサイズを知る時に押さえておきたいのが、肩幅と着丈です。以下のような事柄を目安にしてください。

・肩幅… 自分の肩の位置とジャケットの肩山がフィットしているか確認する。一センチほどのゆとりがあるのがベスト。
・着丈 … ヒップが隠れる長さがベスト。最低でもヒップが半分以上見えないスタイルを選ぶ。

女性のスーツの選び方

今や営業職は女性も多く活躍しています。営業職にスーツが必須なのは、女性であっても変わりません。女性の場合は、レディーススーツを選ぶ必要があります。女性で営業職に就いている人は、少ない人でスーツを三着、多い人では十着ほど持っていると言われています。夏用のスーツと冬用のスーツが存在するので、それぞれ二着から三着は揃えておくといいでしょう。選び方のコツとしては、あまり高いスーツを揃える必要はありません。一般的に二万~三万円程度のスーツで十分とされています。

レディーススーツもダークカラーが基本で、ネイビーがとくに人気が高いとされています。
また季節に応じてスタイルを変える傾向も見られます。夏場にはスカートが、冬場にはパンツスーツが選ばれる傾向にあるようですね。

一つ気を付けたいのが、メンズスーツでは前を開けても大丈夫ですが、女性の場合はNGという点です。レディーススーツの場合、基本的にボタンを留める必要があります。ただし夏場はジャケットなしのスタイルでも問題ないので、暑い時にはジャケット自体脱ぐようにしましょう。

ネクタイの選び方と必要な本数

メンズスーツに欠かせないネクタイは、何本揃えておくといいのでしょうか。一般的には最低でも三本は用意しておくべきとされています。営業マンは同じお客様との商談に、同じネクタイをつけていかないよう注意が必要です。三本あれば日替わりで着用できるので、いつも同じネクタイをつけているという印象を抱かせずに済むでしょう。

ネクタイの色は、紺色がオススメです。ダークカラーのスーツと合わせやすいので、最低でも一本は揃えておくといいですね。こちらもデザインは、無地かストライプ柄がオススメです。ストライプの場合は派手なラインが入っているものは控え、紺色を主体としたものを選びましょう。商談では個性的なデザインは控え、無難を心掛けるようにしてください。

営業マンのスーツの着こなし方とマナー

スーツやネクタイを揃えたら、着こなしにも特に気をつけないといけません。着こなし方が悪いとお客様が抱く第一印象が悪くなり、商談が不利になってしまう可能性もあります。そうならないためにも、以下の事柄に気を付けてください。

フラップは屋内と屋外で使い分ける

フラップとは、上着のポケットについている長方形の蓋をさします。ポケット内を雨や埃などの汚れから守るためのものなので、屋内ではポケットの内側にしまっておきましょう。ただし屋外では外に出すのがマナーなので、シーンに応じて使い分ける必要があります。

上着の外ポケットは空にする

ビジネスマナー上、上着の外ポケットにものを入れるのはNGとされます。どうしても小物を入れる必要がある場合には、スーツの内側にあるポケットに入れておくといいですね。外ポケットに物が入っていると見栄えが悪く、スーツも型崩れしやすくなってしまいます。
スーツを長く利用するためにも、内ポケットを活用しましょう。

ジャケットのボタンは全て留めない

ジャケットのボタンをすべて留めないのもポイントです。スーツのボタンはすべて留めるとシワが入りやすくなり、型崩れの原因になりかねません。ボタンの数によって正しい留め方が異なるので、以下の要点を覚えておいてください。

・三つボタン … 真ん中のボタンを留める
・二つボタン … 一番上を留める

一般的には座っている時はボタンを外し、立っている時は一つボタンを留めるのが正しいとされています。

営業のスーツは最低6着持っておこう

営業マンの理想としては、ワンシーズンごとにスーツを三着用意して着回すのが良いとされます。ただし金銭的に難しい場合もあると思われますので、春夏用で三着、秋冬用で三着、合計六着を準備しておくといいでしょう。

スーツの寿命

スーツの寿命は、毎日の手入れ次第により変わってきます。まったく手入れをせずに毎日着用した場合の寿命は短く、早い場合だとワンシーズンで着られなくなることもありえます。なるべく長く利用するためにも、日々の手入れを怠らないようにしてください。なおスーツの寿命を見極めたい時には、以下のポイントに注目しましょう。

・テカリ具合
・センタープレスの取れやすさ

テカリがひどく、センタープレスが一日で取れてしまうような場合には、寿命が近づいている可能性が高いと見ていいでしょう。

スーツのメンテナンス方法

次にスーツを長期間利用するためのメンテナンス方法についてお伝えします。

クリーニングはあまり出さない

清潔感を保つため、頻繁にクリーニングに出している人もいるかと思われますが、スーツはあまりクリーニングに出してはいけません。スーツの原料であるウールからは、クリーニングに出すたびに油分が抜けてしまいます。油分が少なくなると光沢やしなやかさが失われていくので、なるべく控えるようにしましょう。クリーニングは季節の変わり目だけに留め、日頃の手入れを丁寧に行うといいですね。

糸のほつれはこまめにチェック

スーツの糸がほつれていると、なんとなくみすぼらしい印象を与えてしまいます。ほつれを防ぐためにも、毎日帰宅後はスーツをハンガーにかけてブラッシングしてください。ほつれチェックを行うと同時に、埃やチリなど目に見えにくい汚れも除去できますよ。

営業マンがスーツ以外に気を配るべき身だしなみ

営業マンはスーツ以外でも気を配るポイントが複数存在します。

営業マンは美容院や理容院に最低でも月一度は通い、髪を整えるようにしましょう。目安としては、相手に変化を気付かれないペースがオススメです。ボサボサの髪では悪印象を与えてしまうので、ジェルやポマードで整える習慣も身に着けてください。

営業マンはスキンケアも大事です。肌の調子が相手に抱かせる印象はかなり大きいとされています。以前は男性の美容に抵抗を持つ人も少なくありませんでしたが、近年ではメンズ美容が注目を集めています。男性の場合は毎日朝晩の洗顔と化粧水で十分です。また睡眠も肌に与える影響が大きいので、一日六~七時間は睡眠時間を確保してくださいね。

名刺交換や資料説明の際に注目されるのが指先です。爪は短く切りそろえる必要がありますが、深爪もまたマイナスの印象を与えてしまいかねないので注意が必要です。また爪の間に汚れが入っていないようにしましょう。

ビジネスフォーマルの中で靴はもっとも傷みやすく、汚れやすいものとされています。その靴を清潔に保っておくことで、身だしなみの好感度は一気に上がります。靴の手入れというと難しそうな印象もありますが、毎日行っていれば数分で完了します。日頃からケアを怠らないようにしましょう。

ニオイ、汗対策

営業マンは清潔感が大事なので、ニオイや汗対策も必須です。夏場などは面談場所に早めに到着しておき、汗が引いてからお客様と会うようにしましょう。ニオイは自分では気づかない場合もあるので厄介です。一般的に女性はニオイに敏感とされているので、女性の家族や友人に意見を求めてみると参考になりますよ。

まとめ

今回は営業マンのスーツ選びと身だしなみについてお伝えしました。

営業マンは第一印象が重要です。お客様に好印象を与え、商談を成功に導くためにも身だしなみには気を付けてください。個性的なデザインや、高級なスーツではかえって悪印象を与えてしまう可能性もあります。ビジネスに相応しいスーツを選び、ネクタイや靴といった物にも注意を払いましょう。

また爪や髪、汗やニオイといった事柄にも注意が必要です。今回紹介したポイントを参考に、清潔感ある営業スタイルを意識してください。