ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
公開日:2020年09月18日  最終更新日:2020年09月18日

フリーランスとして活躍する女性営業マンの生き方とは?

独立・起業

古くから日本では「夫は仕事、妻は家事」という風習がありました。そのため、令和になった今でも、女性の社会進出できる環境が整っていないと問題に。例えば女性が社会に出て男性と同じように働こうとしても、結婚や出産などのライフステージの変化により、退職する方も多いでしょう。また復職の難しさも指摘されており、これまでと全く同じ就業時間・給与で働く難しさがあります。

そこで注目されているのが「フリーランス」という働き方。時間や場所にとらわれず、個人で仕事を行なうため、自分のペースで働きたい女性にオススメです。本記事では、女性の営業フリーランスの働き方に注目。ライフイベントとの関りや、営業フリーランスのメリット・デメリットを紹介します。

営業フリーランスの働き方

営業フリーランスとは、会社や組織に所属せずに、案件単位契約し、個人で動く働き方。クライアントと契約し、製品やサービスを代理営業を行います。

ウルマップでは、多数の商材の中から、自分が販売したい商材を選択し、営業を行ないます。自分で売りたい商材を選べるので、フリーランスの難しさの1つである「自分で仕事を獲得する」という点を解消できるでしょう。また勤務時間に縛られることがないので、自由に働けるという魅力もあります。

フリーランスの働き方で特徴的なのは給与面でしょう。フリーランスでは、自分の仕事成果が給与に直結しますので、反対に言えば自分から動かなければ給与が発生しません。「完全成果報酬」もしくは「固定給+成果報酬」のどちらかで給与が確定するのが一般的です。

女性のライフステージとの向き合い方

女性が就職先を検討する際に重視するのが、ライフステージの変化が起きた時に、仕事を続けられるかという点でしょう。男女平等が唱えられている昨今ですが、男性と女性では身体の機能も異なります。そのためライフステージが変化することで、今まで通り働くことが難しいと考える女性も少なくありません。こちらでは女性特有のライフステージとの向き合い方に注目していきます。

女性のライフステージ①結婚

平成30年度の厚生労働省の調査によれば、離職した女性の内8.4%が結婚をきっかけに離職したと答えています。(参考:平成30年度雇用動向調査結果 離職理由別離職の状況 厚生労働省)年々結婚を機にした離職率は減少傾向にあり、5年前の27.7%と比較するとかなり数字が減少したことがわかります。数値が減少した理由としては、女性の労働意欲の上昇が上げられます。女性の働き方改革が進み、女性の管理職率も向上。「結婚は家に入る」という考えが減少しているのではないでしょうか。しかし世界と比較すると、いまだ日本女性の離職率は高いと指摘されています。離職した後の動きとしては、専業主婦や、実家の家業を手伝う場合が多いようです。

気になるライフステージ女性のライフステージ②出産

第一子出産を機に退職する女性は33.9%。結婚や出産を理由に多くの女性が離職しています。注目すべきなのは、育児休業のある企業の就業継続率は28.3%なのに対して、育児休業がない企業の就業継続率は10.0%と継続率が約18%差があることでしょう。育児休業があれば、今の仕事を続けたいと考えている女性が多いことがわかります。(参考:http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/report15html/NFS15R_html09.html#h3%202-4-1
出産は女性の中でとくに大きなライフイベントです。結婚を機に自分の働き方を見直す方も多いでしょう。仕事優先か、家庭優先か、それとも両立するかなどのバランスを考えると、の後の働き方も変わってくるはずです。

気になるライフステージ女性のライフステージ③育児

出産後の子育ては、体力的にも精神的にも負担がかかるため、働き方を見直す方は多いはずです。とくに週幼児期から学童期は、目が離せないため、育児だけでも大変なのに仕事なんてと考えがち。また復職後は、これまでと全く同じように働くことは困難です。子どもの送り迎えや、子どもが体調を崩したら早退をするなど、子ども中心の生活に変わります。時短勤務で働けたり、在宅可能だったりと柔軟な働き方を求める方も多いでしょう。

女性がフリーランスの営業として働くメリット

女性がフリーランスの営業として働く場合、時間や場所に縛られない働き方が出来ることが魅力です。週2日や1日3時間の営業でも問題ありません。また営業方法も訪問営業・電話営業など手段は自由に選べます。
一見男性が中心と考えられがちな営業職ですが、女性だからこそ活躍できるチャンスもあります。男性と比較し女性の声は、相手にとって聞き取りやすく、安心感を抱かれやすい声質です。そのためお客様が心を開きやすく、営業もしやすいのでしょう。フリーランスの営業は自分の得意分野で自分に合った働き方が可能なので、女性が働きやすいと言えるでしょう。

結婚後も無理なく働ける

結婚を機に専業主婦になる方の中には、夫を支えつつも、自分の時間を活用して収入を得たいと考える方も少なくないでしょう。フリーランス営業であれば、自宅にいながら電話営業できるため、家庭と仕事の両立が可能です。朝の家事が落ち着いてから、仕事を始めることもできますし、夕ご飯前に終業することも個人の自由。家庭と仕事の両立が無理なくできるでしょう。

またフリーランスであれば、会社に属しているわけではないので、夫の転勤があっても職を失うリスクを減らすことができます。フリーランス営業ならば、どこからでも働くことが出来ます、むしろ新規開拓に繋がるメリットもあるでしょう。

時短で育児との両立

フリーランスの働き方であれば、仕事と育児の両立も実現できるでしょう。電話営業であれば、家にいながら、パソコンやスマートフォン1台で仕事が始められます。また1日の就業時間を決めるのは自分なので、子どもの送り迎えに合わせて仕事をしたり、子どもが熱を出したときには仕事を休むこともできます。子どもが小さい時はとくに、仕事に時間を割くことが難しいですから、子どもに合わせた働き方が出来るのはうれしいですよね。

効率的に働けば安定した給与になる

フリーランス営業は成果を出した分だけ給与がでる「成果主義」が一般的です。週5日8時間働いても週2日3時間働いても、受注数が同じであれば給与は変わりません。結婚や出産をしている女性は、フルタイムで働く女性よりも稼働時間が短くなりますから、その分効率的に働く必要があるでしょう。むしろ時間が決められている分、時間を区切ってしっかりと働ける可能性もあります。効率的に働けば、前職よりも稼ぐことも難しくありません。

フリーランスのデメリット

自由な働き方ができるフリーランスですが、始める前にデメリットも把握しておきましょう。フリーランス営業は、固定の企業に属する訳ではなく、個人での代理営業という立ち位置です。そのため仕事内容も給与も自分次第。仕事に慣れない内は給与の変動が起こる可能性もあるでしょう。

自分の実力次第で給与が変動する

フリーランス営業の給与は、一般的に労働時間に関わらず受注件数で給与が決まる「完全成果主義」が取られています。完全成果主義は、頑張ればその分評価されますが、結果が出なければ給与も下がってしまいます。実力次第で給与が変動するリスクがあることが覚えておきましょう。

また周囲に相談できる人がいない点もフリーランス営業のデメリットでしょう。会社に属していれば、商材の不明点を質問したり、成功する営業トークをすぐに学ぶことが出来ていました。しかしフリーランスは、商材知識も営業方法も顧客も自分で開拓する必要があります。仕事に慣れない内はとくに心配になるでしょう。

フリーランス営業で大切なことは?

何もかも自分で決めることが出来るフリーランスは、自由に働けますが、給与が変動するという不安点もあります。そこでフリーランスで働く事が不安という方に向けて、フリーランス営業で成功するためのポイントを解説。フリーランスを検討している方の中には、営業経験がほとんどないという方もいるでしょうから、基本的な部分をお伝えします。

お客様にNOと言わない

フリーランス営業の基本は「お客様の課題を解決すること」です。その解決策として商材やサービスを提案する流れが王道と言えるでしょう。客様からの相談に対し、NOといってしまえば話はそこで終わってしまいます。そこで「できません・ありません・知りません」という言葉は使わずに、「○○であればどうですか」と別の提案が出来ると成果も上がるでしょう。お客様の課題の解決方法は1つではありません。商材を理解し別のアプローチができれば、短時間であってもしっかりと成果を出せるはずです。

自信をもって話す

お客様が商品やサービスを購入する際には、製品の性能はもちろん重要視しますが、売り手に対する信頼感で決定する場面も多いでしょう。お客様と話す際には、商材と自分に自信をもって話すだけで、好印象をもって貰えます。自信が持てないという方は、話すときに語尾を上げると明るい印象になるのでおすすめです。また、商材の話の区切りには「○○なのでお任せください」と相手を後押しする話し方を意識しましょう。

案件の選び方

フリーランス営業は、商材を自分で決定し代理営業を行なっています。そのため商材次第で販売しやすいかどうかが決まってきます。フリーランス営業経験の少ない場合は、自分が魅力的だと感じる商材を選ぶとよいでしょう。使ったことがある商材や、使い方が出来る商材は話しやすいので、お客様に商材の魅力が届きやすいはずです。
また成果報酬額が高い商材は、販売難易度が高い可能性があります。そのため、営業に慣れるまでは報酬額の少ないものを選択しても良いでしょう。

自分に合った働き方をしよう

男女平等な働き方とは、誰もがフルタイムで仕事をする社会ではありません。仕事や家庭に対するバランスは人それぞれ。そのため、誰もが自分の幸せに向けて自由に働けるのが、本当の意味での働き方改革ではないでしょうか。今の日本は、女性が柔軟に働ける環境が整いつつあります。結婚や出産といったライフイベントを経験しても、しっかり働きたい人も時短で働きたい人もいるでしょう。フリーランスであれば、仕事内容や勤務時間を自分で決められます。フリーランス営業は男性が多いという印象がありますが、女性の方がきめ細かな対応ができたり、話し方から相手からの信頼を得やすいというメリットもあります。女性の働き方の1つとして、フリーランスを視野に入れてみてはいかがでしょう。

稼げる営業支援サイト

代理店・営業フリーランス・副業向け

営業商材・案件はこちら

1人あたり100万超えの報酬も
営業会社、代理店から副業まで
幅広く活躍!

営業商材・案件を見る