ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
公開日:2021年05月24日  最終更新日:2021年05月24日

独立時の不安を解消する方法とは?仕事を獲得して収入を増やす方法

独立・起業

独立をして一人で生きていく事を考えると、誰でも不安に襲われます。仕事をきちんと取れるようになるのか、現在の収入より低くならないか、など不安になることがありますよね。
それでは、独立する際に不安にならないためには、どのように仕事を獲得したり、収入を確保していけばよいのでしょうか。

本記事では、独立する際の不安を解消する方法をお伝していきながら、仕事の増やし方や収入アップのコツをお伝えしていきます。
独立時に仕事を獲得できる自信があれば収入に対する不安もなく、独立時における大きな不安を解消できるでしょう。それでは解説していきます。

独立時の不安との付き合い方

何か新しい事を始める時に期待と同時に不安も付きまとうものです。
会社員を辞めて独立や起業をする際も、自分がやりたいことに着手できる期待感と同様に、未来に対する漠然と不安が襲い掛かるのは誰でも同じです。
ですが、不安が期待を越えてしまっては独立をして生きていくのに、足枷になってしまうでしょう。本章では、不安との付き合い方について解説していきます。

独立時の不安は当たり前と認識する

独立や起業をする人の中で、未来に対する不安を抱えない人は少なく、多くの人が不安を抱えるものです。「自分だけメンタルが弱く感じるもの」ととして捉えるのではなく、「不安を抱える事が当たり前である」と認識することが大切。

誰でも不安になるという認識をすることができたら、不安になる原因や不安を改善する対策を考えられるようになります。しかし、不安を感じる事を認識できない状態が続くと、将来への期待より不安が大きくなり、不安に押しつぶされてしまいます。

不安になる原因を知る

不安になる原因を知ることで、不安を払拭したり不安の度合いを下げる方法を自分で模索する事が可能になります。
原因や解決策を知るには、以下の様な形式で様々な角度の質問を、自分自身に繰り返しあげることが重要です。

・「何に対して自分は不安に思っているのか」
・「どうして不安に感じているのか」
・「不安を形成している過去の原体験は何か」
・「どういう状態であれば、その不安を払拭できるようになるのか」
・「不安を解決できることで、得られる事はどんな事があるか」

不安を解消できるアクションを明確にする

不安の原因を知る事ができたら、不安を解消するためのアクションを明確にしていきます。例えば、収入減少に対する不安を解消するためのアクションを明確にすると以下のようになるでしょう。

【以下CMS投稿時に1ブロックでまとめる】
不安:収入減少に対する不安
不安の原因:仕事が急になくならないか不安
不安の解消方法:リスクヘッジとして、関わる仕事を2件~3件にして仕事のポートポートフォリオを分散させる
解消方法を実現するためのアクション:案件紹介サイトに登録する、ニーズがありそうな会社に営業を行う、知人に経営者を紹介してもらい仕事を獲得する、など

独立する際の不安の種類

独立する際に不安との向き合い方について前章で紹介しましたが、独立する際に感じる不安にはどのようなものがあるのでしょうか。独立する際の不安の種類について本章で解説していきます。

仕事への不安

会社員を辞めて独立する際、最も大きな割合を占めるのが仕事を獲得できるのかの不安でしょう。会社員であれば、仕事があっても無くても給料が振り込まれるので、仕事を獲得できるかどうかの不安が生まれることはないでしょう。

しかし、独立・起業をすると、自ら仕事を取りに行かなければ仕事は生まれませんし、仕事が無ければ収入もありません。

独立して受託の仕事をメインにする場合も、その仕事の継続性は確実ではありません。発注元の業績が傾けば、当然仕事の依頼はなくなるでしょう。

収入や生活費への不安

仕事への不安と大きく関連してきますが、収入や生活費への不安も大きいです。仕事が増えればこの不安は解消されますが、仕事がなくなると一気にこの不安が襲い掛かります。

また、事業を創って起業をする際には、キャッシュアウトをすると事業を創れなくなります。事業作りに専念していても、キャッシュへの不安がある状態は精神衛生上的に良好な状態ではないでしょう。

人間関係への不安

新たに一緒に仕事をしたり事業のパートナーを創って行く必要があるので、新しい人間関係に多少の不安はあるでしょう。慣れていない人と仕事を進めていく可能性もあるので、どのような人と関わるかによって負荷の重量も変化してくれでしょう。

事業やサービスへの不安

自分で事業やサービスを創って独立する場合は、その事業に対する不安が強くなる傾向にあります。
「うまくいくだろう」と思って立ち上げた事業が、なかなか結果が出な状態が続くと自分が行ってきた事業への取組などに不安に思うこともあります。
ですが、事業を創り成長させる過程において常に事業への不安は付き物です。

不安がない状態は、逆に慢心な状態になっている可能性も高いので、不安に思うくらいがちょうどよいのではないでしょうか。

不安を解消するための具体的な方法

不安の種類について紹介してきましたが、その不安に対してどのように対処していくのでしょうか。本章では、不安を解消するための具体的な方法について解説していきます。

目標と達成プランを考える

独立する時の不安を解消するためには、目標と目標の達成プランを具体的に考える必要があります。
「〇〇日までに△△円稼ぐ」などのように、目標を立ててその目標を達成できるプランとプランの実行に忠実に従います。
そうすることで、未来への不安を解消するための努力を最大限行えるようになります。
もし仮に目標を達成することが出来なくても、そのために行った努力は無駄にはなりません。
しかし、漠然とした不安を抱えながら目標も立てずに独立してしまうと、不安やプレッシャーに押しつぶされてしまいます。

不安を解消するために、目標を設定して目標を達成する事だけを考えることが重要です。

仕事を選ばずに可能な仕事は全て引き受ける

仕事に対する不安を解消するには、仕事を選ばずに可能な仕事を全て引き受ける事が大切です。どのような仕事もいきなり大きな仕事を任されることは少ないでしょう。

まず、小さな仕事から信頼を積み重ねて、信頼を構築していきながら、大きな仕事を引き受けられる状態を創ることが大切です。

独立した当初、自分の経験と実績から仕事を選ぶ人がいますが、企業や個人から仕事をもらうことはそれほど簡単ではありません。

ですので、まずは小さな仕事でも良いので、信頼を獲得するために仕事は選ばずに積極的に引き受けていきましょう。

高単価な案件や商材を販売する

収入に対する不安を解消するために、高単価商材や高単価の案件に絞って行う営業代行がお勧めです。大前提として営業経験や営業ノウハウが必要になりますが、高単価な商材や案件を売ることができれば、限られた労働時間で、大きな成果,収入を得ることができるます。
高単価の商材や営業案件の獲得方法は、具体的なサイト名を紹介しながら後述しているので、最後までこのまま読み進めてください。

経営者と積極的に関わる

最後に、仕事と人間関係の不安を解消する方法として、経営者と積極的に関わる事です。
経営者の方は非常に忙しい人が多いですが、孤独な人も多いです。

経営者は組織に一人だけの役割なので、社内では基本的に孤独を感じることが大半です。
ですので経営者は経営者同士で集まる事が多く、一人の経営者と仲良くなると、その周囲の経営者ともコミュニケーションを取る機会が増えてきます。

そのような場で、人間的な関係を深めつつ、仕事の話もしながら仕事を獲得できるのベストな選択です。

不安にならないために仕事を継続的に獲得する方法

仕事や収入の不安を抱かないために、仕事を継続的に獲得することは優先度が高く最も重要です。そんな仕事を継続的に獲得していく方法について紹介していきます。

自分で事業を立ち上げる

自分で事業を創って事業を成長させる事です。短期的にはなかなか事業が大きくならず仕事として成立しない状態があるかもしれませんが、長期的にみれば、後々に大きな成長を期待できるでしょう。事業の立ち上げ方について2パターン紹介します。

①投資家や銀行などから出資,融資を受け事業を立ち上げる

事業を立ち上げるには、資本が必要です。この資本には自分の給料やメンバーへの収入、事業に必要な費用などが含まれます。
この資本金を他人の資本を活用して事業を立ち上げる方法が、融資や出資になります。融資であれば借金になるので利子付きの返済が、出資によれば返済は必要ありませんが、利益に応じた配当が必要になります。

②自己資本で事業を立ち上げる

対して、他人の資本を活用せずに自己資本のみで事業を立ち上げる方法があります。自己資本であれば融資も配当も必要ないので、自由度の高い事業の運営を行う事ができます。

受託の仕事を引き受ける

自分で事業を創る以外のやり方は、誰かに仕事を発注してもらい受託を引き受けるやり方になります。受託であれば確実にキャッシュを稼げるので、短期的にキャッシュを生み出しやすいのが特徴です。

事業を立ち上げる場合は、中長期的に時間を要する場合もあるので、先にキャッシュを稼ぎたい方は受託を引き受けるのがよいでしょう。具体的な受託の方法について3つ解説していきます。

①元々の取引先から仕事を受注する

会社員時代の取引先から仕事を引き受けるのは常套手段です。広告代理店や営業代行会社などに勤務していた方が、よく行う受託の手法になります。

②案件掲載サイトから受注する

受託案件を探している人向けの案件掲載サイトに登録をして受注します。
案件掲載サイトには、タスクベースで受注できるクラウドソーシングタイプのサイトと、職種別で案件を受注できる案件マッチングサイトの2つがあります。

クラウドソーシングサイトは、副業向けのタスクや案件が多いので、案件紹介サイトに登録するのが良いでしょう。

③知人の経営者から仕事を受注する

知人経由などで経営者から仕事を受注するのが良いでしょう。経営者の裁量で経費金額を調整できたりすので、経営者と関係構築ができていれば、高単価で仕事を受注できる可能性も上がるでしょう。

案件を受注できるお勧めサイト3選

最後に、案件マッチングサイトを3つ紹介していきます。マッチングサイトでは、多少の実績があればほぼ確実にマッチングできるので、おすすめです。

副業マッチングサイトの紹介(プロ副業など)

プロ副業の様な案件を短期間~長期間で紹介しているサイトに登録しておきます。
案件が掲載されるたびメールで通知が来るので、逃さず応募をすることが可能です。
プロ副業意外にも、複数の案件紹介サイトがあるので、それぞれに登録をしておくのが良いでしょう。

ウルマップの紹介

こちらは、フリーランス営業マンや独立して間もないフリーランス向けに営業商材を紹介しているサイトです。
紹介されている商材の幅も広く、高単価な商材も多いので、短期間でキャッシュを稼ぎたい人にはお勧めです。

商品力が強い商材の案件が多いので、営業力があるフリーランスにはぴったりなサイトでしょう。

また、ウルマップの会員になると、福利厚生としてスポーツジムの割引や、登記費用の割引、電子契約書ツールの割引などの特典がつくようになります。

転職エージェントの紹介

最後に、転職エージェントへの登録です。こちらは独立して仕事を継続的に獲得できず、最終的なリスクヘッジとしてエージェントに登録しておくのも一つの手でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、独立する際の不安の向き合い方から、不安を解消するために仕事の獲得方法について紹介してきました。独立すると継続的に仕事を獲得して収入を向上させていくのは大変ですが、仕事が増えれべ増えるほど青天井で収入と経験は蓄積されていきます。独立した時の不安に打ち勝ち、理想の生活に向かって頑張っていきましょう!

稼げる営業支援サイト

代理店・営業フリーランス・副業向け

営業商材・案件はこちら

1人あたり100万超えの報酬も
営業会社、代理店から副業まで
幅広く活躍!

営業商材・案件を見る