URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 頑張ったぶんだけ稼げる仕事の条件とは?歩合制という働き方
2018年10月05日

頑張ったぶんだけ稼げる仕事の条件とは?歩合制という働き方

フルコミの仕事

「いくら働いても給料が思うように上がらない」「能力に比べて給料が低い」と感じている人は、実はたくさんいるといわれています。このような人にとって魅力的な働き方のひとつとして、歩合制が挙げられます。ただ、歩合制で稼いでいくためには、仕組みをしっかりと押さえておくことが欠かせません。この記事では、歩合制の仕組みや、歩合制のほうが稼げる仕事について詳しく解説していきます。

歩合制の仕組みとは?

"歩合制とは、成功報酬型の給与制度のことをいいます。簡単に述べると、歩合制では業績が良ければ給料が上がり、成果がないと下がるという仕組みとなっています。このように、歩合制では仕事の業績によって給与が変動していくため、「頑張った分だけ給料が欲しい」「成果に見合った評価をしてほしい」という人のなかには、この仕組みについて理想的と思っている人も多いでしょう。
また、歩合制の場合は稼げるチャンスがあるといわれています。日本企業の多くが取り入れている月給制などの固定給は、安定して給料が得られることが最大のメリットです。しかし、固定給の仕事においては、「稼げるチャンス」という意味ではあまり恵まれていないといわざるを得ません。
ただし、企業のなかには、固定給と歩合給を組み合わせた給与制度を取り入れている場合もあります。固定給と歩合給を組み合わせることによって、社員は一定の給料を得ることができるため、安定した生活を送れるようになります。加えて、歩合給の要素を取り入れることで、社員のモチベーションアップにもつなげることができるというメリットもあるのです。
さらに、歩合制は勤続年数に関係なく、実力次第で給料がアップしていく仕組みを採用しています。勤続年数ではなく、実力を評価してもらえるという点は、歩合制の最大の魅力といえるでしょう。"

歩合制が向いている仕事は?

"歩合制の仕組みについて知っていくと、歩合制のメリットばかりが着目されがちです。しかし、歩合制がすべての職業に向いているのかといえば、決してそうではありません。歩合制が向いている仕事をいくつか紹介します。
まず、タクシードライバーは歩合制が向いている仕事といわれています。タクシードライバーの給与形態は、主に「A型」「B型」「AB型」の3種類があります。「A型」は基本給に歩合給と賞与が加わる形態のことです。「B型」は完全歩合制であり、売上に歩合率を掛け合わせたものが給料になります。B型賃金は、業績を上げれば上げるほど給料も良くなる仕組みといえるでしょう。「AB型」は、「A型」と「B型」の中間形態です。「AB型」では歩合率の一部をプールして賞与にあてていきますが、年間を通して考えると給料が安定しやすいといわれています。
次に、不動産や美容、保険などの販売営業職も、歩合制が導入されることが多い業界です。これらの業界は、個人の能力や顧客から得られる信頼が業績に大きく影響しているといわれています。そのため、歩合制を導入する傾向が高いといえるでしょう。
さらに、フリーランスのクリエイターなどは、歩合制が導入されているケースがほとんどです。具体的には、アニメーターの大半がフリーランスであるため、多くの現場で歩合制が採用されているのが実情です。"

歩合制は本当に稼げるの?

"歩合制は実力に応じて評価される点が魅力ですが、「本当に稼げるの?」と疑問に思っている人はたくさんいます。たとえば、歩合制でも社員として働く場合は固定給プラス歩合給となるため、最低賃金は保証されているといわれています。一定の固定給を得ながら実力次第で給料アップを狙うことができるため、このような形態は安定して稼ぎたい人には向いているといえるでしょう。
一方、固定給がまったくない完全歩合制の場合は、給料の100%が自分の成績で決まります。しかし、労働基準法には「出来高払制の保障給」という規定があり、労働者に対する賃金は保障されているため、完全歩合制は違法といえるでしょう。そのため、普通の企業で完全歩合制が適用されることはありません。よって、完全歩合制は、個人事業主が企業と契約を結ぶ場合に採用される給与制度と捉えることができるでしょう。
このように、歩合制は場合によっては給料がゼロになる可能性もあります。しかし、個人の実力次第では、一般的なサラリーマンでは得られないような高い給与を手にすることも可能といわれています。"

歩合制は能力のある人が稼げる仕組み!

"歩合制は、実力次第で大きく稼げる可能性を秘めた給与形態です。日本の企業の多くが取り入れている固定給では、生活の安定が保障されているというメリットがあります。しかし、一方で、「実力が正当に評価されていない」と不満を持つ人も多いでしょう。
このように、固定給での働き方に疑問を持っている人や、実力に合った給与を得たいと思っている人は、歩合制という給与形態に一度はチャレンジしてみる価値があるといえます。ただし、歩合制にはメリットもデメリットもあります。そのため、歩合制の仕組みを正しく理解し、自分に合った働き方であるかどうかをしっかりと見極めることが大切です。"