URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 保険営業のフルコミッションという働き方
2018年10月16日

保険営業のフルコミッションという働き方

フルコミの仕事

フルコミッション営業とは、完全歩合制の営業のことです。特に保険営業は、フルコミッション営業の中でも研修制度の充実や初期補給金制度など、初心者でも始めやすい業界といわれています。個人の頑張りが反映されるフルコミッション営業ですが、その分大変な面もあるので、向いている人と向いていない人がはっきり分かれることが多いです。この記事では、保険営業の仕事内容やメリットとデメリットについて紹介します。

保険営業のフルコミッションはひと味違う!

保険会社の営業については、外資系保険会社と日本の保険会社で大きく異なります。外資系保険会社の場合、成果に対して報酬が支払われるフルコミッション営業のことが多いです。フルコミッション営業の場合、保険会社と業務委託契約を結んでいる個人事業主として働くことが多いですが、中には、雇用契約を結び社員として働く営業もいます。初期補給金や研修期間手当と呼ばれる制度が導入されており、未経験者でも始めやすくなっています。初期補給金や研修期間手当とは、初めから成果を出すのは難しいだろうということで、研修中や入社後に決められた期間支払われる賃金のことです。ただ、初期補給金は2年程度で終了し支給されなくなります。その後は、完全歩合制のフルコミッションの営業となるのです。

保険営業の仕事内容とは

保険営業の仕事内容を具体的にみていきましょう。まず、営業する相手別に、個人営業・法人営業・代理店営業の3つに分けられます。個人営業は、リーテイル部門とも呼ばれ、個人の顧客や中小企業が営業相手です。主に新規契約の獲得とアフターフォローが業務の中心となります。拠点が全国に散らばっているのが特徴です。法人営業は、ホールセール部門とも呼ばれ、主に大企業や官公庁を相手に団体向けの商品を提案します。団体向けの商品とは、企業や官公庁の福利厚生に関連する団体保険や企業年金が中心です。代理店営業は、代理店に向けてお客様に商品を勧めてもらえるように営業をする仕事です。代理店に保険の売り方・営業の仕方を教育することも仕事に含まれます。

フルコミッションでもオフィスへの出勤義務や営業ノルマがある場合もあります。どのくらいの制約があるかは会社により異なりますが、一般的に個人事業主より社員として働く営業のほうが出勤義務などの制約が多い傾向です。

保険営業の仕事と聞いてまず思いつくのは、保険商品の提案や保険契約の獲得ではないでしょうか。最大のミッションは、新規契約の獲得と他社への乗り換えを防ぐことです。具体的な営業手段としては、テレアポ、個人宅や会社への訪問営業、パンフレットの配布などがあります。営業先は自分で開拓していくことが必要です。テレアポや訪問営業をしても断られ続け、成果が出ないこともあります。そのようなときも諦めずに粘り強く営業をかけられる人は保険営業に向いています。特に、はじめのうちはテレアポのトークスプリクト(顧客との会話のお手本となる台本)を用意しておくのがおすすめです。他社への乗り換えを防ぐ手段としては、既存顧客を定期的に訪問してフォローするなどの業務があります。既存顧客をフォローすることで紹介につながったり、新しい契約に結びつくこともあるので、大切な仕事のうちの一つです。既存顧客との会話の中から新しい商品のアイディアが生まれることもあります。

また、契約にあたっての審査や手続きもあります。健康状態や職業などから保険に加入できるかどうかを判断し、審査が通れば手続きを進めるという業務です。保険金が支払われる可能性のある事態が発生すれば、本当に保険金を支払えるケースかを判断し、支払いの手続きをするという支払い業務もあります。今後の改善につなげるためにアンケートを実施するのも仕事の一つです。

保険営業のメリットとデメリット

保険営業のメリットは、まず頑張った分だけ給料が上がることが挙げられます。自分の営業力や人脈に自信があり、高収入を得たいと考えている人にはおすすめです。頑張っただけ収入が上がるので仕事に対するやりがいを感じやすいといえます。また、完全歩合制といっても、入社から1~2年は基本給があることが多いです。さらに、研修体制も充実しているので、未経験者でもチャレンジしやすいというメリットもあります。

反対に、必要経費はすべて自分持ちです。営業先は自分で開拓しなければならないので、家族、親族、友人、知人に営業をかける必要があります。契約が順調に獲得できているときは良いのですが、思うようにいかないときはノルマが厳しく負担になることもあります。

保険営業は女性も輝ける職業!

保険営業はノルマが厳しい一方で、女性でも活躍しやすい実力社会です。男女平等が謳われていますが、まだまだ男性のほうが出世しやすいという会社もあります。保険営業は、自分の営業力を試したい、収入という形で努力の成果を表したいという人には適職です。さらに初期補給金や研修体制も整っており、未経験者でも高収入を目指してチャレンジしやすいでしょう。保険営業では人脈が営業力として生かせるため、女性でも高収入を得られる仕事といえます。