URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 稼げるかは自分しだい!歩合制営業職のメリットとデメリット
2018年10月16日

稼げるかは自分しだい!歩合制営業職のメリットとデメリット

フルコミの仕事

会社の業績に直結する重要な職種といえば、「営業職」が挙げられます。花形ともいえる営業職の仕事に、憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。ただ、営業職は一般的な固定給とは異なり、歩合制の給料になっているケースが多いため注意が必要です。この記事では、歩合制給料のメリットやデメリットをはじめ、向いている人の特徴などについて解説していきます。

稼ぎ方いろいろ!歩合制の種類とは?

そもそも歩合制とは、個人や組織の業績や営業成果によって、給与の金額が変わる制度のことを指します。一般的な職種は成果が数値で見えにくいこともあり、毎月の給与はある程度決まった金額になっているケースが多いです。これに対し、成果の増減が数値で把握しやすい営業職は、ほとんどが歩合制給与になっています。

ひと口に歩合制といっても、正確に見ると「固定給+歩合給」と「完全歩合制」という2種類の給与形態に分かれています。どの給与形態が採用されているかによって、毎月の給与が大きく異なる場合もあるので注意しなければなりません。

1種類目は、企業の正社員などに雇用され、基本給を受け取りながら営業成績によって給与が上乗せされる「固定給+歩合給」というパターンです。営業成績がアップすればするほど、歩合給が多くなるのでトータルの給与も高額になります。2種類目は、個人事業主として企業と業務委託契約を結ぶ「完全歩合制」パターンです。完全歩合制は基本給がなく、給与の最低保障がありません。そのかわり、営業によって商品などが売れれば売れた分だけ報酬にすることができます。

固定給+歩合給で働くメリットとデメリットは?

固定給+歩合給パターンで働く一番のメリットは、固定給が保障されているため比較的安定した環境で働けるという点です。営業成績がまったく上がらなくても、最低限の給与は受け取れるため生活に困る心配は低いでしょう。頑張ったぶんだけ給与が増えるため、モチベーションも上がりやすいです。また、この給与形態は不動産業界や保険業界などに多いのですが、正社員や契約社員、バイトといった雇用形態に関係なく導入されています。正社員でなかったとしても、彼らと同じ条件で給与が得られるのは大きな魅力です。さらに、企業に雇用されるため、福利厚生が充実しているというメリットもあります。

一方のデメリットは、雇用される企業によってはノルマが課される場合があるという点です。ノルマが達成できなかった場合、上司からの叱責や歩合給のカットなど、さまざまなプレッシャーをかけられるおそれがあります。あまりにノルマが厳しいと、仕事へのモチベーションを失ってしまう場合もあるでしょう。また、基本的には雇用主である企業の営業方針にしたがう必要があるため、顧客志向や残業時間などに制約を受けるケースもあります。自分のやりたいように自由に営業できるわけではないので、窮屈に感じる人もいるかもしれません。

完全歩合制で働くメリットとデメリットは?

完全歩合制パターンで働く場合は、歩合給の額が大きく、頑張ったぶんだけどんどん給与が高くなるというメリットがあります。能力次第では、年収1000万円を得るのも無理なことではありません。このような年収は、企業の一社員ではなかなか得られるものではないでしょう。取引の規模や内容もある程度自分で決められるため、キャリアアップも期待できます。また、企業に雇用されているわけではないので、時間的な拘束がありません。仕事に費やす時間、プライベートの時間を自分でやりくりでき、自由度の高い生活を送ることもできます。

一方で、固定給がないため、営業がうまくいかなければ生活が不安定になるというデメリットがあります。営業成績を伸ばそうとするあまり、過重労働にも陥りやすいです。また、同じ企業から業務委託を受けるライバルや、セールスを嫌がる友人や親族などとの人間関係が壊れる可能性もあります。さらに、完全歩合制を導入する企業は利益を追求する傾向が強いため、いわゆるブラック企業が多い点にも注意が必要です。

歩合制営業職が向いているのはこんな人!

歩合制の営業職は、年功序列や終身雇用制といった昔ながらの雇用慣行が苦手な人に向いています。自分自身の能力、努力によって成果が上がり、それに伴って給与も増えるのは大きなやりがいになります。自分のスキルや実力に自信を持っている人、それを実戦で試してみたい人、高収入を得たいと思っている人にはぴったりの給与形態だといえるでしょう。

また、豊富な人脈を持っている人も、仕事の獲得につながる可能性があるため向いています。さらに、高い成果を求めるにはライバルを出し抜いたり、仕事に没頭したりする必要もあります。このため、必要以上のなれ合いが嫌いな人も、歩合制営業職ではうまく力を発揮できる可能性が高いです。

ライフプランを考えて働き方を選ぼう!

歩合制の営業職は実力さえあればいくらでも稼げるため、若くして高収入を得ることも夢ではありません。固定給+歩合給で最低限の安定を求めるのも、完全歩合制で一発逆転を目指すのも自由です。それぞれのメリットやデメリットなどをよく理解し、自分のライフプランに合った働き方を選ぶようにしましょう。