URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 営業マンにおすすめの副業の探し方
2018年10月16日

営業マンにおすすめの副業の探し方

副業の仕事

働き方改革などの影響で副業を解禁する企業が増え、収入アップのために副業を探す人が多くなってきています。とはいえ、職種によっては時間や体力の関係で行える副業が限られがちです。また、本職でつちかったスキルを活かせるような副業を見つけられるかもポイントでしょう。この記事では、営業マンにおすすめの副業について解説していきます。

働き方で選ぶ副業の種類とは?

副業にはさまざまな種類があり、自分の能力や生活リズムに合ったものを見つけると高収入を得られやすくなります。また、副業ごとの注意点にも目を向けましょう。たとえば、営業マンは他社で営業マンとして雇われて働くこともできます。ただし、二重契約になる可能性があるため、副業可能の企業で働いている人に限られます。さらに、営業職は往々にして体力や集中力を削られるので、本業への影響も十分に考慮しておきましょう。

次に、営業マンが他社で異なる職種で雇われて働くときにも二重契約には注意する必要があります。ただし、営業以外の仕事ではリモートワークも含まれるため、体力的な負担は少なくなります。未経験の分野でのスキルアップも期待でき、職種によっては本業にフィードバックできる経験も積めるでしょう。

そして、従業員が副業として自分で起業することを認めている会社もあります。雇用されずにフリーランスで働くと、空いている時間を効率よく利用できるでしょう。上から指図されたり、気の進まない仕事を押しつけられたりするストレスも減ります。ただし、フリーランスは労働に対する対価が見合わないケースも少なくないため、覚悟は必要です。起業前に収支のシミュレーションを行い、努力を利益に変えられる仕組みを確立しておきましょう。

営業マンに人気の副業は?

せっかく副業をするなら、本業の経験を活かせる職種を選びたいところです。仕事を覚えるまでがスムーズなうえ、ノルマや歩合がある仕事で好成績を収めやすくなるからです。営業マンに人気の副業としてはまず「自動販売機の設置」が挙げられます。自動販売機は基本的に企業が無償で施設、スペースに設置しています。しかし、設置をすぐに許可してくれるところばかりではないので、営業の手腕が問われるのです。営業スキルに自信がある人ほど向いている副業といえるでしょう。

次に、「画像サイトへの写真販売」も多くの営業マンが行っている副業です。自分で撮影した写真を売り込むだけなので、時間やコストはかかりません。ただし、撮影の腕前と交渉力は必要です。写真が趣味の営業マンなら挑戦してみたい仕事です。

ブログやメディア運営で稼いでいる営業マンもいます。文章力やパソコンの知識も重要ですが、Webメディアを成功させるコツは「マーケティング」と「トレンドのリサーチ力」であり、優れた営業マンが日々実践している心がけと重なります。本業の知識を応用して、専門的なメディアを立ち上げてみるのも効果的でしょう。そのほか、人材紹介などの事業に手を伸ばす営業マンもいます。企業にサービスを売り込む力はもともと備わっていますし、人材紹介なら資金も少なくて済みます。自分が現場に出向く仕事でもないので、十分に本業とも両立できるでしょう。

自宅でできる営業支援の副業とは?

営業マンの副業として「営業支援」も注目されています。営業マンが他社で営業職に就こうとしても、スケジュールや体力の問題で不可能になるケースは少なくありません。しかし、営業支援であればわずかな時間を見繕うこともできます。また、テレワークなどの働き方を選べば、在宅でも副業を行えるのです。

テレワークとは、電話やスカイプなどの機器を用いて行う業務の総称ですが、在宅の仕事を意味する場合が多くなっています。テレワークによる営業支援では、テレアポやアンケート、商品の売込みなどを自宅でこなします。また、消費者からの問い合わせやクレーム処理を任せられることも珍しくありません。営業マンにはビジネスマナーやトークスキルが身についている人が多いので、テレワークに求められる資質は満たしているといえます。

また、メールマーケティングも副業にできる在宅ワークのひとつです。見込み客に対し、購買意欲をあおるような内容のメールを配信し、利益につなげるのがメールマーケティングの基本です。ときには、見込み客の反応などを統計化し、次の営業活動に活かせるデータを作ることも営業支援には求められます。営業マンの経験から、副業先で有能な仕事ぶりを見せつければ給料アップなどの待遇も狙えるでしょう。

スキマ時間をお金に変えよう!

忙しい営業マンでもちょっとした空き時間があれば、さまざまな副業ができます。また、土日や祝日でも勤務できる副業は少なくありません。特に、テレアポやメールマーケティングは自宅でのスキマ時間を利用できるので注目の副業です。拘束がゆるいうえ、体力的な負担が少ないので本業への影響が小さいのも大きなメリットでしょう。そのうえ、営業マンとしてのスキルを活用しやすく、高収入も期待できるのでやってみる価値はあります。