URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 不動産業界の歩合について考える!おすすめの働き方は?
2018年10月16日

不動産業界の歩合について考える!おすすめの働き方は?

フルコミの仕事

不動産は、一生に一度の買い物と考えている人も多く、扱う商品も高額なものです。そのため、成果を得ることができた際には高い歩合給をもらうことができます。資格の取得や歩合制についてなど、実際に不動産の営業としてどのような働き方をするのが良いのでしょうか。ここでは、不動産営業マンの仕事内容から給料の仕組み、役立つ資格を紹介していきます。

正社員としての働き方

不動産業界には、不動産仲介営業・分譲マンションの販売会社・建売会社・買取業者など、さまざまな営業の種類があります。

不動産仲介営業は、他人・他社の不動産を紹介、あっせんする不動産仲介会社の営業職です。不動産仲介会社は、支店を構えて全国的に展開している会社から家族経営の会社まで、その規模はさまざまです。月給は、最低保証の固定給と、成功報酬である歩合給による「固定給プラス歩合給」が多く見られます。また、歩合給と別にボーナス制度を設けている会社も多くあります。ボーナス制度は、本来の歩合を削って賞与支給の際に支払われているものです。支払いの割合は会社ごとに異なるもので、それぞれの特色が現れているといえるでしょう。

分譲マンションの販売会社も、固定給プラス歩合給または固定給プラスボーナス制度によって給与を支払っている所が多いです。マンション業界では、仲介営業と違って利益が見えにくいため、1戸売れるごとの手当や契約手当といった支払いを行っている場合もあります。また、固定給は無し・または交通費程度の少額で、一戸売れた場合や売れ残りの処理の場合ごとに歩合が支払われる完全歩合制・フルコミッションも多く見られます。

建売会社の場合、固定給プラス歩合または固定給プラス賞与で、毎月の歩合がないケースもあります。また、販売だけを担当する場合と建売用地の仕入れを担当する場合で異なります。

買取業者などの場合も、多くは固定給プラス歩合給です。買取り・再販業者の場合は仕入れが重要となります。営業職もこの仕入れ営業ですが、高く買い取ってしまうと売る際に赤字となるため、ただ仕入れ件数のみの実績を上げるだけでなく、安価で買い取る技術も必要となります。仕入れと再販価格の差益から歩合が支給されますが、歩合の計算方法も会社によってさまざまです。

即戦力になるための資格とは

不動産営業で有利な資格としては、宅地建物取引士・不動産コンサルティングマスター技能試験・マンション管理士・管理業務主任者・不動産鑑定士などがあります。

宅地建物取引士は、宅地建物取引士資格試験に合格した者がなることのできるもので、業務を行うには、都道府県知事の登録を受けて宅地建物取引士証の交付を受ける必要があります。不動産売買の仲介や、売買が成立した場合の契約書類の作成、取引物件・契約についての重要事項を説明して、それらの書面を作成することができる資格です。この宅地建物取引士は、不動産営業においては必須となる資格です。

不動産コンサルティングマスター技能試験は、「不動産コンサルティングマスター技能試験・登録制度」において認定される資格で、不動産流通近代化センターが実施しています。また、宅地建物取引主任者と不動産鑑定士を対象にした試験に合格して、不動産に関して5年以上の実務経験を持つことが証明されれば、不動産コンサルティングマスター技能登録者として登録を受けることができます。

マンション管理士は国家資格で、マンションの管理組合に対するコンサルティングをするために必要とされる専門知識を持っていることを証明するものです。マンション管理組合の運営やマンションの維持管理など、相談に応じて適切な助言や指導などを行うことができます。

管理業務主任者は、管理業務主任者試験に合格して登録を行って、管理業務主任者証の交付を受けることによってなることのできる資格です。管理受託契約における重要事項の説明や、受託した管理業務のチェックや報告など、マンション管理のマネジメントに関する業務を行います。事務所ごとに、国土交通省令で定める人数の設置が義務付けられています。

国家資格である不動産鑑定士は、不動産鑑定士試験に合格することでなることのできる資格です。国土交通省に備えられた不動産鑑定士名簿に登録を受ける必要があり、不動産の権利関係や経済価値などの高度な知識が要求されます。

不動産営業の仕事内容は?

不動産営業には、さまざまな仕事内容があります。

顧客の拡大のために行うものとして、電話営業や業者訪問・顧客訪問、そして物件調査や下見、DMの作成があります。電話営業(テレホンアポイント)は、通称テレアポと呼ばれるもので、電話帳や各種名簿を利用してセールスの電話をかける営業方法です。一般的に外回り仕事といわれるものとしては、主に業者訪問と顧客訪問があります。また、物件調査や下見も外回り仕事として重要なものです。その他、DMの作成も不動産営業として大切な仕事の1つです。

主に契約を結ぶ際の仕事としては、契約関係の打ち合わせや査定書の作成があります。契約においての最終段階はチェック事項も多く、最後まで気を抜くことはできません。

また、顧客対応やメール対応などは、常に行う仕事です。新規顧客の開拓だけでなく、獲得した顧客に対するアフターケアも営業にとっては重要な仕事といえます。

不動産営業はリスクも高いが高所得を狙える!

不動産は、買う側にとっても安易に決めることはできず、慎重に判断する必要のある商品です。その上、不動産業界は景気や地域の状況によって販売にも大きく響くもので、営業職として勤める上でリスクの大きな業界でもあります。

高額な商品である不動産業界で継続して高い成績を残すためには、高い営業力が必要となります。しかし、役立つ資格を積極的に取得して他の営業マンとの差別化を図ったり、人脈を積極的に広げて情報網を獲得するなど、努力しだいで高い報酬を狙うことができるでしょう。そして、いったんスキルを獲得すれば、それを活かしていつまでも活躍することができる点も不動産営業職の強みです。不動産営業で多くの歩合給を得て、高所得を目指しましょう。