URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 商材が多いということはチャンスが多いということ―フリーランス営業になりたいならまずは商材を揃えること
2018年11月08日

商材が多いということはチャンスが多いということ―フリーランス営業になりたいならまずは商材を揃えること

フルコミの仕事

フリーランスの営業マンになるにあたって、重要なポイントはいくつかあります。通常の営業マンにも求められる、身だしなみや言葉遣いなど自己管理の能力はもちろん必要ですが、それはあくまでも一般的な会社に所属している営業マンの話になります。ではフリーランスの営業マンにとって、必要なものとは一体何なのでしょうか。
それは、商材の数です。

少ないチャンスをモノにするための秘訣

通常、会社に所属している営業マンだと、会社から指定されている商材を売るためにトーク力を駆使し、セールスポイントをアピールして商材を売っていきます。しかしその商材は、必ずしも自分が売りたいもの、顧客が求めているものとは限りません。
フリーランスで営業をするにあたっても、これと同じことがいえます。ひとつの商材にこだわっていくら熱弁しても、それが顧客のニーズと合わなければミスマッチになってしまうでしょう。アポイントを取って、商談に行きつくということは数少ないチャンスです。顧客が求めていない商品を売ろうとして、それを棒に振ってしまっては非常にもったいないことではないでしょうか。
こうしたチャンスを生かすには、ひとつの商材に固執せず、顧客が何を欲しがっているのか、何が不要だと感じているのかをしっかりと把握するヒアリング能力が必要です。そのためには自分の主観を取り払い、顧客とコミュニケーションをはかっていく中で、本当に顧客が必要としているものを客観的に見れるようにならなくてはいけません。
顧客のニーズを引き出せたら、そのニーズに合った最適な商材を案内しましょう。そのためにも手元には、商材の数があればあるほどいいということになります。

隠れたニーズを引き出せばそれだけチャンスに

手元に多くの商材を用意していれば、それだけ商談成功のチャンスの幅はグッと広がります。しかしいくら商材があったとしても、そこに気づきがなければチャンスが生まれないというのも、フリーランス営業の特徴です。

たとえば商談の目的が、電力の切り替えだったとします。その際、お客さまから出された水に話題を振り、今よりも安いウォーターサーバーを提案するとします。するともし電力の切り替えの商談がうまくいかなかったとしても、ウォーターサーバーの商談は成立するかもしれません。この時自身の手持ち商材の中に、ウォーターサーバーがなければ、ただ単に商談不成立として終わってしまうことでしょう。

商談の場では、こういった些細な部分にも目を光らせておくこと、そしてチャンスに気づけることがとても重要です。顧客の些細な言葉、行動にもチャンスは埋もれています。商談の場にある物や環境などを観察して、顧客のニーズを見つけ出し、最適な商材を案内することが、チャンスの幅を広げる第一歩となるのではないでしょうか。

信頼をつかみ取って「次」へたどり着くには

企業勤め・フリーランスに限らず、営業マンとしてやっていくためには、何より「信頼」が第一です。とくにフリーランスの場合、会社という組織に縛られない代わりに、会社というブランドの「信頼」を頼ることもできません。すべては自分自身の力になります。
しかしフリーランスであるからこそ「あの人に頼めば、何でも解決してくれる」という「信頼」は、とても貴重な財産です。1つのお困りごとを解決すれば、”次”があります。この”次”が積み重なっていき、大きな商談に結び付くのです。
当然「信頼」がなければ、この”次”は生まれません。そのためにも、1つひとつのお困りごとを解決する策が必要です。適切な解決策の引き出しがたくさんある人は、お客さまにも信頼されますし「次もあの人に頼もう」という気持ちが生まれます。お客さまにあった最適な商材を提供するためには、臨機応変に策を講じることができる柔軟な発想も求められます。

まとめ

フリーランスで営業をする際には、顧客のニーズにいつ何時でも目を光らせておく心構えと、顧客が困っているときの対応力となる策を、常日頃から意識しておきましょう。ただそうやって顧客に最適な商材を案内するには、手数となる商材の数が一番の武器になってくるのです。
いくら顧客の本当に欲しいものを引き出せる嗅覚があっても、いくら顧客の困りごとに対応できる策を持っていたとしても、武器となる商材の数が足りなければ、それだけチャンスの芽はつぶれてしまいます。商材の数をそろえておくというのは、フリーランス営業マンとしてやっていく上では大前提だということです。
ウルマップでは多数の商材を用意しております。数多くの商材を販売できるため、商談の場でのチャンスの幅がグンと広がります。また自分で商材を選別できるのも魅力的で、一定のジャンルに縛られた会社では扱わない商材も選べますよ。
自分のカラーを打ち出して商材を提案できる、フリーランス営業というスタイル、営業経験を積まれて、新しい働き方を目指す方にはピッタリの働き方ではないでしょうか。