URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 販売する商材を選べるフリーランス営業が稼げる理由を調べてみた。
2018年11月08日

販売する商材を選べるフリーランス営業が稼げる理由を調べてみた。

フルコミの仕事

フリーランス営業の強みの一つとして、販売する商材を選べるというものが挙げられます。しかし商材を選べるということが、どうして強みになるのでしょうか? 今回は「商材を選べる」という観点から、フリーランス営業のメリットについて調査しました。

企業勤務だと売りたい商材が選べない

「物を売ること」を仕事とする営業マンは、商品を販売する、あるいは契約を獲得しなければ利益に繋がりません。しかし企業に勤めていると、販売する商品を自分で選ぶのは難しいです。企業勤務では、自分の売りたい商品ではなく、会社が製造している商品や売りたい商品を扱わなければなりません。時には売りたくない商品や、明らかに売れそうにない商品を扱わなければならないこともありますよね。商品を売りたくない、あるいは売れないだろうと感じているまま働いても、モチベーションは上がらず、契約を取るのも難しくなってしまいます。実際にそのせいで成績が伸び悩み、困っている人もいるのではないでしょうか。
また何とか契約を取れたとしても、営業マンがよいと思っていない商品で、顧客が満足してくれるとは考えにくいですよね。顧客満足度が低ければ、次の機会につながることも少なく、最悪の場合、営業マンへの信頼度が下がってしまう可能性もあります。そうならないためにも、可能なら販売したくない商品は扱わず、心から魅力が感じられる商品を扱いたいですね。
こうした理由から「販売する商材を選べる」ということは、フリーランス営業の強みの一つとして挙げられます。

フリーランス営業なら得意分野の商材が選べる!

何かと制約の多い企業勤めの営業マンとは異なり、フリーランス営業なら自分が売りたい商品を扱っているクライアントと独自に契約を結び、顧客に案内すること可能です。自分が魅力を感じている商品を販売するわけですから、提案の際にも自信を持ってオススメすることができますね。
また企業勤めであれば、顧客が求める付属品やサービスに関しても、自社商品・サービスの中から提案しなければならない制約があるかと思われます。しかしフリーランス営業なら、自社商品・サービスにこだわる必要がないので、真に顧客が求めているものを提案することが可能です。必要なら新しくクライアントと契約して取り扱い商品の幅を広げ、サポートを増やすこともできますね。自社の売り上げにこだわらず顧客が求めるものを柔軟に提案できるので、顧客満足度をアップさせると同時に信頼も獲得できるでしょう。
このようにフリーランス営業では、商材に合わせて顧客を絞る必要がないため、売り上げアップにもつながることができます。さらに売り上げだけではなく顧客満足度や信頼度も向上させられるので、次の仕事に結び付くステップにもなりますよ。

得意分野の商材を売って顧客満足度・信頼度をアップさせよう!

稼げる営業マンは「紹介」をよく受けている、と言われているのをご存知でしょうか。フリーランス営業でも同様のことが言えますが、取り扱う商材が多いので顧客の種類もさまざまとなり、必然的に抱える顧客数が多くなります。フリーランスで稼げる理由の一つとして、商材の豊富さからくる顧客の多さにあるとされています。まずは顧客からの紹介を受けられる営業マンになることが、フリー営業を続ける上で重要なポイントとなるでしょう。
フリーランスで営業を始めたばかりの頃は、新規顧客の開拓に忙しいかもしれませんが、紹介が増えてくると自ら開拓を行わなくても、次第に新規顧客が増えていくようになります。紹介を受けられる営業マンになるには、売り上げ成績、顧客満足度、顧客からの信頼度などが大きく影響してきます。これらを獲得する為にも、自信を持ってオススメできる得意分野の商材を選び、自らの強みとしてください。

フリーランス営業にオススメの商材を紹介します!

フリーランス営業を始めるにあたって、どんな商材があるのかを把握しておきましょう。フリーランス営業で人気の高い商材としては、以下のようなものが挙げられます。

保険業界

保険のフリーランス営業は、生命保険や損害保険などの保険商品を、企業の社員やセールススタッフに代わって顧客に提案することになります。保険は他社との差別化が難しく、契約は営業マンのスキルや人柄に左右されるところが大きいと言われていおり、営業マンの能力がダイレクトに結果へとつながるため、やり甲斐が感じられる仕事の一つですね。フリーランスで保険営業を行う場合は、成果報酬型が設定されている場合が多く、契約数次第でかなりのインセンティブが獲得できるでしょう。

ネット回線

ネット回線の中でも、とくに勢いを増しているのが光回線の営業です。フリーランス営業として光回線の販売を行う場合は、顧客の家庭を訪問して光回線のプランを提案し、成約に至るまでの流れを任されます。現在は多くの企業が光回線事業に参入しており、競合が激しい業界の一つになっています。営業は、自分が扱う光回線の通信速度や料金プランは当然として、他社との比較情報にも精通していなければなりません。競合が多く、必要となる情報も多いだけに、高額なインセンティブが設定されている傾向にあります。

新電力

電力の自由化により、新電力に新規参入する事業者が増加しています。フリー営業として仕事をする場合は、低圧電力を契約している法人や個人事業主の店舗などを訪問して、新電力への切り替えプランの提案を行うのが基本的な流れです。インセンティブは、契約1件につき1万円~5万円ほどと幅があり、顧客の使用電気料金に応じて報酬額が変動するのが特徴的です。

ガス

最近、電力に続いてガスも自由化が始まり、各家庭でも自由にガス会社を選べるようになりました。主に都市部においては、都市ガスからの切り替えの新プランを提案する営業の需要が増えています。基本的に切り替えの費用や工事などは発生せず、現在よりもガス料金が安くなるという、わかりやすいメリットがアピールできるので、提案しやすい商材の一つと言われていますよ。

人材派遣

人材派遣の営業は、企業とスタッフとを結びつける役割になります。離職率が高いと囁かれている業界ですが、社会的な貢献度が非常に高い仕事でもあります。営業の力が試されるところも大きいので、やり甲斐を見出す人も少なくありません。顧客や企業からの信頼を勝ち取ることができれば、採用・転職支援など人材派遣以外でも活躍できる可能性がありますよ。

ウルマップでは多数の営業商材を案内しているので、販売したいと思うような商品が見つかるかもしれません。フリー営業の興味のある方は、仕事紹介のページもぜひ閲覧してみてください。

まとめ

今回はフリーランス営業が稼げる理由について、「販売する商材が選べる」という観点から解説しました。販売する商材が選べると、以下のようなサイクルが発生する可能性が高くなりますよ。

(1)売りたい商材なら自信を持ってオススメできる。
(2)商材の魅力を十分に伝えられるので、顧客満足度・信頼度の獲得に繋がりやすい。
(3)新たな顧客を紹介してもらえるチャンスにつながる。

このような好循環を作り出す為にも自信を持って販売したいと思う商材を選び、高収入を実現してくださいね。