URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> フルコミッションってどんな働き方?メリットを活かすコツとは?
2018年11月14日

フルコミッションってどんな働き方?メリットを活かすコツとは?

フルコミの仕事

働き方の一つに「フルコミッション」があります。フルコミッションは、頑張りによって手取りが大きく変わるシステムです。そのため、経験が浅くても大幅な年収アップが見込めます。その一方で、デメリットもあるのが事実です。この記事では、フルコミッションという働き方や、そのメリット、デメリットなどについて紹介します。

フルコミッションとは

フルコミッションは、日本語で「完全歩合制」という意味です。基本給はなく、成果に応じて報酬が決まる働き方です。そのため、何時間働いても成果を出さなければ収入になりません。つまり、時間対価でお金を得るわけではないのです。企業に所属している場合、基本的にフルコミッションという働き方を選択することはむずかしくなっており、業務委託契約を結んだ場合のみとなっています。

フルコミッションと歩合制の違い

フルコミッションも歩合制も、成果に応じた報酬が支払われるという点は似ています。しかし、雇用形態に大きな違いがあるのです。企業などは雇用している労働者に対し、一定の給与を保証することが法律で定められています。そのため、フルコミッションは雇用している相手に対して適用することができないのです。そのため、フルコミッションは完全に独立した個人事業主への業務委託という形でのみ成立します。
さらに、雇用している場合は一定の給与を保証しなくてはならないため、歩合制だと基本給は必ず支払われる仕組みです。つまり、基本給に加え、成果に応じたインセンティブが受け取れるのです。一方、フルコミッションは基本給がありません。その分、インセンティブが高額になる傾向です。また、歩合制は企業に雇用されている立場なので、労務時間や労務場所などは企業の規定に従う必要があります。一方、フルコミッションは、働く場所も時間も働き方も自分で決めることができるのです。

フルコミッションが導入されやすい職種

フルコミッションが導入されているのは、ほとんど営業職です。特に、値段の高い商品を扱う業界の営業職が多く、不動産や保険、通信やエネルギー関連の業界では、フルコミッションを採用していることが多いです。営業は会社の軸となるため、フルコミッションで成果アップを狙う企業も少なくないのです。多くの場合、1つの契約が成立したらインセンティブを受け取れるという設定になっています。
不動産業界の場合、土地活用やマンションの仲介だけでなく、コンサルティング業なども含まれます。扱う商品の額が大きいため、仲介手数料の30~50%程度と報酬の割合は大きい傾向です。さらに、広告費やガソリン代なども契約者が負担する契約であれば、70~90%まで跳ね上がることもあります。会社によっては、不動産物件の紹介案内まで、案内から申し込みまでなどと、業務の役割が分かれている場合もあります。

これまで不動産業界での営業経験があれば、そのノウハウを活かして営業することができます。複数の仕事をフルコミッションで委託されていれば、それぞれの人脈を生かした相乗効果も望めるのです。
保険営業の場合、保険代理店からフルコミッションで委託を受けることが法律上禁止されています。
そのため、保険代理店として独立してフルコミッション契約を結び、複数の会社の保険商品を販売しているのです。最初から独立するのではなく、大手保険会社で働いてノウハウを学び、FPの資格を取ってから独立するルートが多い傾向です。

通信関連だと、インターネットの光回線などの営業でフルコミッションを採用しています。期間内に一定の契約数を達成すると金額が一気にアップするといった仕組みになっているケースが多いです。また、エリアごとにケーブル回線を対象とした営業を行う場合もあります。限定されたエリアでの営業になるため、1戸契約をもらえるとどんどん加入数が増えることも少なくありません。

エネルギー関連は、ガスの自由化に伴って都市ガスから変更する家庭を狙ったガス料金やサービスを提案する営業が多いです。適切なセールスを展開することで、多くの契約が期待できます。また、オール電化や太陽光発電の営業も含まれます。商品となるメーカーや電力会社が多いため、豊富な知識量が求められますが、それだけ契約の幅も広いといえるでしょう。

このほか、美容業界や金融商品、便利グッズなどの販売をフルコミッションで委託された営業職もあります。美容業界だと、エステ商品などの消耗品が商材であるケースがほとんどです。短期間でなくなるため、一度獲得した顧客はリピーターになる可能性が高いといえます。金融商品は、ある程度お金のある顧客が対象となります。そのため、大胆な提案も可能です。フードプロセッサーや包丁などの便利グッズは、デパートなどで実演販売を行って営業する場合があります。販売数に伴って収入が増えていく仕組みです。繰り返しセールスを行うことで、ノウハウがたまり、売り上げが増える傾向です。

フルコミッションで働くメリット

フルコミッションは、自由度の高い働き方です。固定給や歩合制だと、企業と雇用契約関係にあるため、勤務時間中は契約相手に拘束されることになります。しかし、フルコミッションは業務委託関係なので、自由度が高くなるのです。例えば、月に一度の営業会議に参加し、それ以外は出社の必要がなかったり、営業後に直帰したりすることが可能です。また、自分の仕事のペースに合わせ、好きなときに好きな時間だけ休憩や休日を設定することができます。
さらに、自分の納得できるやり方で営業戦略を練ることができます。そのため、プライベートとの両立がしやすいというメリットもあるのです。

また、成果を出しさえすれば、高額な給与を狙うことも夢ではありません。年功序列で、年齢に応じて給与が上がる企業は少なくありませんが、フルコミッションだと年齢や経験に関係なく大幅な給与アップが見込めるというメリットがあるのです。固定給の場合、残業代が支給されることで給与が増えることがありますが、残業代は成果ではなく労働時間を基準に支払われるものです。そのため、ダラダラ長時間仕事をした人の方が給料が高くなる可能性があります。しかし、フルコミッションであれば、成果を基準に給与が決まるため、短時間で仕事をこなせる人であれば、効率よく稼ぐことができるのです。

フルコミッションは、すべて一人で考え、決定し、行動に移さなくてはなりません。そのため、判断力や決断力を伸ばすことができます。さらに、行動力や知識も身につき、成長につながります。また、時間もお金も精神も自分でマネジメントしなくてはなりません。出社時間や定時がないため、スケジュールをすべて自分で決めたり、売り上げと経費を計算したりするということになります。また、会社に勤めているとミーティングやボーナスなど、モチベーションを上げる仕組みがいくつもありますが、フルコミッションにはありません。そのため、目標を作って達成するなど、モチベーションを上げる要素を自分で探し実行する必要があるのです。また、プライベートが上手くいかず仕事に影響すると、パフォーマンスが落ち給与に直結してしまいます。こういった事態を避けるために、自分で管理するスキルが磨かれていくのです。

フルコミッションで働くデメリット

フルコミッションは、実力がすべてです。どんなに真面目に頑張っても、成果が出るとは限りません。そのため、成果が上げられなければ報酬がゼロというリスクもあります。また、契約件数が多く月収が50万円になるときもあれば、成果が出せず10万円以下ということも考えられます。会社員のように、基本給が保証されているわけではなく、安定した収入が得られないという点が、フルコミッションの大きなデメリットといえるでしょう。そのため、ローンの審査に通りにくいといった面もあります。さらに、タクシー代など仕事につなげるための経費を差し引くと、マイナスになってしまう可能性もあるため注意が必要です。
また、自分の管理が苦手な人は、成果を出しにくい場合があります。成果を上げるためにどのような行動をすべきかを理解できていなかったり、コツが把握できていなかったりすると、労働時間と収入のバランスがとれなくなります。成果が思うように出なければ、その分働いて埋め合わせをする必要が出てきて悪循環となるのです。そのため、自分で計画を立て、きちんと実行に移すなど、自己管理が求められます。
その他、フルコミッションで働くということは、個人事業主ということになります。企業の場合、給与から所得税や雇用保険、社会保険などが天引きされているのですが、個人事業主は年度末にまとめて支払う必要があります。こういった事務作業に、時間を割かれてしまう可能性があるのです。また、会社員だと社会保険に会社が加入しており、さまざまな保障が受けられるのですが、個人事業主の場合社会保険もありません。このように、デメリットもあるということを知っておきましょう。

フルコミッションはどんな人に向いている?

フルコミッションに向いているのは、どのようなタイプの人でしょうか。

フルコミッションの大きな醍醐味は、成果がダイレクトに給与に反映されるという点です。そのため、まずはより高い報酬を手にしたい人に向いているといえるでしょう。さらに、契約件数などの目標達成に対する向上心が強く、達成することにやりがいや喜びを感じられる人にも適した働き方といえます。常に目標をクリアして高収入を得続けるには、常に向上心をもって新しい知識や情報を得ながら仕事に取り組む必要があります。自分の力を過信しすぎず、常にレベルアップを意識し、今よりもっと稼ぎたいと考える人や負けず嫌いの人は、向いているといえるでしょう。

仕事とプライベートを両立させ、もっとプライベートを充実させたり、より自由な働き方を選択したりしたいという人もフルコミッション向きです。労働時間の自由度が高いため、プライベートを優先しやすい環境といえるでしょう。よい成果を出す人ほど、プライベートが充実し、趣味などを通して人脈を広げる傾向があります。そういった経験を顧客との会話にいかし、心身ともに健康な状態で生き生きと働くことにつなげて、よりよい成果をあげていけるのです。

また、自分に自信がある人もフルコミッションに向いています。フルコミッションは、成果を出せず失敗してしまっても、企業などの組織に守ってもらうことができません。そのため、自分一人の力でやっていかなくてはならないのです。自分に自信がなければ、成果が上がらなかったときや、失敗したときに心が折れてしまう可能性があります。そのため、追い込まれたときこそ頑張れるタフな性格が求められるのです。

そしてもう一つ、コミュニケーション力がある人に、フルコミッションは向いています。フルコミッションは営業に限らず、フリーランスのクリエイターや個人のタクシードライバーなどさまざまな業種が存在します。その中のどの業種を選んだとしても、コミュニケーション力はビジネスの上で必須ともいえます。特に、顧客と直接関わって、スムーズにやり取りを行う必要がある営業職にとっては、欠かせない力といっても過言ではありません。フリーランスのクリエイターも、自分自身で積極的に売り込みをし、仕事を自らとりに行く必要があるため、コミュニケーション力は欠かせないものです。コミュニケーション力といっても、友達に対するフランクな接し方とは異なります。信頼を得るために、ビジネスライクなやり取りをスムーズに行う力が求められるのです。

フルコミッションを最大限に活かすためのコツ

フルコミッションで成果を出すためには、やるべき業務が数多くあります。そのため、日々のタスク管理が重要になってきます。タスク管理を怠ると、どの業務から手をつけるべきか分からなくなってしまい、作業効率が落ちる可能性があります。そうならないためにも、TO DOリストなどを作成し、仕事をしっかり管理するようにしましょう。まずは、その日の業務終了後、翌日にやるべき業務を書き出します。次に、その仕事に優先順位を付けていきましょう。緊急性があり重要な業務は優先順位が高くなります。その次にくるのが、重要だが緊急性はないもの、緊急性はあるが、重要ではないものと続きます。緊急性がなく重要でもない業務は、優先順位が最も低い業務となります。特に、大きな仕事ほどタスクを細かく設定し、分類していくとよいでしょう。不要な業務の可視化にも役立ちます。

また、時間管理を徹底することも重要です。優先順位をつけた業務を何時までに終わらせるのかを設定し、スケジュールを組みましょう。余裕をもったスケジュールだと、ついのんびり作業を行ってしまいがちなので、できるだけ短めに締切時間を設定するのがポイントです。ただし、あまりにも予定を詰めすぎてしまうと、次の予定が気になって目の前の業務に集中できなくなる可能性があります。トラブルが発生した場合に対応できなくなるリスクもあるため、1日に8時間働くのであれば、5時間程度のスケジュールを組むと安心です。

毎日のタスク管理も重要ですが、月ごとの目標設置もフルコミッションでは重要です。毎月の目標を作ることで、モチベーションを保つことができます。さらに、目標が達成できればより高い目標を設置し、また達成することの繰り返しによって、給与アップにもつながるのです。

そして、もう一つ大切なのが自分を理解しているかどうかです。自分の強みや魅力を知っておけば、相手に自分を売り込む際に役立ちます。また、弱点についても知っておけば、カバーする方法を探し、それを身につけることでよりスキルアップすることができるのです。

フルコミッションで働くにはどうしたらいい?

フルコミッションの仕事は、求人広告や転職エージェントなどを利用して探すことが可能です。他に、地域と職種をマッチさせて探しやすいフルコミッション専門サイト「URUMAP」もあります。ただし、フルコミッションの仕事を選ぶ際、いくつか気を付けたいポイントがあります。まずは、自分に合う業界や商材であるかという点です。成果を出さなければ、最悪の場合給与はゼロになってしまいます。
しかし、興味がもてない業界や商材だと、モチベーションがキープできず、成果が出せない可能性があるのです。そのため、応募する前に自分が興味のあるサービスや分野についてきちんと理解しておく必要があります。

また、会社を選ぶ際に、インセンティブや自由度などを基準に選ぶ人も少なくありません。これらに付け加え、契約相手からのサポート力もチェックしておくと安心です。フルコミッションで働く場合、営業活動以外にも労働時間を割く必要があります。例えば、契約後の事務処理や、公的機関への書類提出などです。さらに、提案資料の補填や扱うサービスや商材についての勉強も必要となります。こういった営業以外の作業に時間がかかり、営業に割ける時間が足りなくて成果が出ないというケースも珍しくありません。そのため、どこまでサポートを受けられるのかを確認しておくことが大切なのです。

このほかにも、サポート面で確認しておくと安心なポイントがいくつかあります。例えば、名刺や資料、リーフレットなどは自費で購入するのか、会社が負担してくれるのかという点です。さらに、交通費がインセンティブに含まれるのか、事務処理はどこまでサポートしてもらえるのか、同行営業はあるのか、案件の進捗確認はどのような方法なのかなどといった点も確認しておくと安心です。

URUMAPの魅力とは

「URUMAP」は、地域に特化したフルコミッションの仕事マッチングサイトです。仕事をしたい人と仕事をお願いしたい企業をつなぐ役割を果たしており、地域に特化しているため、住んでいる場所でできる仕事を簡単に見つけることができます。スポット仕事とフルコミッション系の仕事を専門としているため、自分のライフスタイルに合わせて好きなときに好きな場所で仕事をすることが可能です。週末だけでも、本業の合間のちょっとした時間だけでも、問題ありません。毎月の目標額を設定し、到達したらそれ以降は休むこともできるのです。

ライティングや営業など自分の強みを活かした仕事を探すことができるため、高い時給での仕事に出会えるチャンスが広がります。募集している仕事内容は、写真撮影をして1000円といったものから、電力切り替えの営業など頑張れば月に100万円を稼げる仕事までさまざまです。フリーランスとしてしっかり稼ぎたい人も、副業としてお小遣い稼ぎをしたい人も利用できるマッチングサイトです。仕事に応募した後は、仕事内容についてチャットで確認することができます。疑問に思ったことや不安を発注者に直接尋ねることができるため、安心です。

また、URUMAPの名刺や登録証といった営業ツールを、初回に限り無料で配布してくれます。さらに、仕事前には研修が設けられているため、初めてでも安心して営業活動を始めることができるのです。営業を開始してからも、常に待機しているサポーターに、チャットで気軽に相談することができるため、安心して仕事に取り組める環境といえるでしょう。

URUMAPをおすすめしたい人

URUMAPでは、自分のスキルを活かして働くことができます。例えば、今まで企業に営業職として勤めていたならば、培ってきたノウハウをそのまま活かしてURUMAPで営業活動を展開していくことが可能です。さらに、前職や本業で得た人脈も役に立ちます。仕事を探す際には、自分で地域を選び探すこともできますが、プロフィールを見てスキルに合ったスカウトが企業側から届くこともあるのです。

また、自分のライフスタイルに合わせて働きたい人にもおすすめです。例えば、本業で飲食店のサポートを行っている場合、顧客となる飲食店にWi-Fiの設置や新電力への切り替えを提案するなど、本業と並行して働くことができます。また、子育てをしている場合は、子どもが幼稚園で過ごす数時間でインタビューと記事作成を行うという働き方もできるのです。記事作成などの案件は、チャットに添付して納品可能ですぐに完了することができます。また、執筆中に分からないことがあれば、チャットですぐに相談に乗ってもらえるため、無駄がありません。空いた時間を有効活用するなど、本業にプラスしてもっと稼ぎたい人におすすめです。

自分に合った方法でフルコミッションを活用しよう!

フルコミッションという働き方なら、自分の力を存分に発揮し、稼ぐことができます。これまで培ってきた経験がある人は、自分の力を試す大きなチャンスにもなることでしょう。現在の仕事に不満を抱えている人は、フルコミッションを選択することで不満の原因が解消し、生き生きと働けるきっかけになるかもしれません。その一方で、収入が安定せず、最悪の場合は無収入になるリスクがあるなど、デメリットもあります。フルコミッションのよさとデメリットを念頭に置き、自分に合った働き方なのかをしっかり検討することが重要です。フルコミッションは、本業にすることも副業にすることも可能です。自分に合った方法でフルコミッションを活用してください。