URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> 人気在宅ワーク8選!主婦や学生が家で気軽に始められる仕事はこんなにあった!
2018年12月03日

人気在宅ワーク8選!主婦や学生が家で気軽に始められる仕事はこんなにあった!

はじめての副業・在宅

家事や勉強でなかなか外に出て仕事をする時間がない、アルバイトやパートをしているけど家でも仕事がしたい…仕事をめぐる事情は人それぞれです。
そのような状況の方でも働ける在宅のお仕事が注目を集めており、主婦や学生さんが家に居ながら働けるようになってきています。
今回の記事では、在宅ワークとはなんなのか、そしてオススメの在宅ワークをご紹介します。

在宅ワークとは?

その名前の通り、自宅にいながら仕事をすることを「在宅ワーク」と呼びます。
会社員やアルバイトとは違って毎日出勤する必要がなく、自分の家に居ながらにしてお金を稼ぐことができるのが特徴です。 自分の生活に合わせ、好きな時に働けるため、今までは外出して仕事をすることが難しかった人でも従事できる形態の仕事として、人気を博しています。

在宅ワークの仕事のメリットは?

自分の都合に合わせて働ける

在宅ワークの仕事の多くは、ご自身の生活スタイルに合わせて働けるようになっています。シフトなどの時間の取り決めに縛られず、空いた時間で業務に当たれるためので主婦や主夫、介護など様々な理由で今まで働くことが難しかった人でも家庭と仕事が両立しやすくなります。

得意な業務に特化できる

副業や個人事業主として在宅ワークで働く場合、自分の得意分野の仕事のみ選んで請ける、という自由な働き方も可能になります。
特に成果に応じて報酬が増えるタイプの仕事では、得意な分野を選んでより多くの仕事をこなし、高い収入を得ることもできます。

プライベートが充実する

在宅ワークでは出退勤が必要ありませんから、通勤に当てていた時間をそのまま自分時間として使うことができます。 仕事が終わってすぐ家のことや家事育児、介護に移れるため、より効率よく時間を使えるようになります。

在宅ワークの仕事のデメリットは?

オンとオフの区別がつけにくくなる

会社やアルバイトが職場に行って働く際の定時のようなものは在宅には定められておらず自由度が高い反面、プライベートと仕事の区別があやふやになってしまうことも。
昼間にまとまった時間が取れないので深夜や早朝に業務に当たったため、働く前よりも睡眠不足になってしまった、ということもあり得ます。
仕事とプライベートのメリハリは、しっかりつけていきたいですね。

単価が安く、収入を安定させることが難しい

在宅ワークの仕事は一件あたりの単価が安く、高収入を得られるものは専門のスキルが必要なことも多く、誰でもすぐに多額の報酬を得る、というのは難しいのが現状です。
また一件いくら、一契約につきいくら、という基準で給料が決まることも多く、個人の能力によって収入がばらつき、安定した収入を得るのが難しい、という人も。

おすすめ在宅ワーク8選

アンケートモニター(仕事内容・報酬)

インターネットや郵送することでアンケートを受け取り、質問に回答する仕事です。 座談会形式というものもありアンケートの内容は多岐にわたり、生活に関する基本的な事項から趣味に関すること、専門的なものまで様々な事柄があります。
インターネット経由で回答するものなどはネット環境さえあれば応募回答できるものも多く、隙間時間の活用のように敷居が低いのが特徴です。
報酬は内容によって変動しますが相場は、ハガキやメールで回答するもので3円~100円程度、座談会形式ですと数千円~数万円単位の報酬を受け取れるようです。 特別なスキルが必要ないため、興味がわいたらすぐに試せる在宅ワークと言えます。

WEBライター(仕事内容・報酬)

テーマを受け、定められた内容、文字数を守って文章を書く仕事です。
テーマを受け取った後はその内容に沿って自由に書くもの、取材やインタビュー時の音声データを受け取った上で音声を起こし、データをもとに記事を書くものなどがあります。
家事育児などの隙間時間に取りかかれるので人気の高い仕事です。 時給は1000円程度が相場のことが多いほか、一文字いくらという換算をすることもあります。 文字単価もばらつきが大きく、一文字0.1円〜1.5円というところが多いようです。
この例でいうと文字単価が1.5円であれば、1記事1500文字を25本書いたとすると一ヶ月の給料は56,250円となります。

シール貼り(仕事内容・報酬)

値札やバーコード、宛名シールや出版物への訂正シールなど、様々なシールを対象に貼ることで報酬を得る仕事をシール貼りと呼びます。
シールを貼る対象によって難易度が変わり、難易度に比例して報酬が高くなる傾向にあります。 シール貼り在宅ワークの給料相場はシール一枚につき単価0.1~2円のところが多いようです。
仮に一枚シールを貼るごとに1円と仮定すると、1時間に600枚シールを貼ってやっと時給600円ということになります。 手先が器用な方や、効率化が得意なかた、コツコツ地道な作業が好きなかたに向いている仕事ではないでしょうか。

データ入力・テキスト入力(仕事内容・報酬)

スーパーのチラシにテキストや値段を打ち込んだり、pdfに書かれた手書き文字をデータに直したりと、文字をパソコンを用いて入力する仕事のことです。
また、上級者向けには口コミの入力や体験談の記述など、自分の体験談を文字に起こすこともあります。
相場は1件あたり100円から300円程度が多く、数をこなすことで安定した給料を受け取れるようになります。

翻訳(仕事内容・報酬)

外国の言葉を日本語に直したり、その日本語から外国語に直したりする仕事です。 英語を例にすると日本語から英語に翻訳する場合の相場は1文字6~10円くらいのところが多く、逆に英語から日本語への翻訳で1単語10~15円くらいのところが多いようです。
これに加え医療系や薬品の説明、法律や技術系など、翻訳する言語が専門的であれば単価は当然上がります。
語学力に自信がある方は、在宅で翻訳の業務という選択肢もあります。

プログラミング(仕事内容・報酬)

家にいつつ、WEBサイトやデータ解析、アプリなどのプログラミングを行います。
プログラマーの中にはリモートワークを使って働いている方もいらっしゃるので、在宅ワークとの親和性はもともと高めでもあります。
プログラミングは特に案件ごとに報酬のばらつきが大きいのですが、20代のプログラマーの平均年収は256.3万円と言われています。これにプラスし、難易度が高く習得が難しい言語である「Node.js」や「JavaScript」が使えると、さらに年収はアップします。

音声おこし(仕事内容・報酬)

ICレコーダーなどに入力した音声を文字に打ち直す仕事のことです。 雑誌のインタビューやセミナー、講義や講演会、裁判の記録などがあります。 最近ではユーチューブなどの動画から文字を起こす事例も増えてきています。
音声起こしの報酬は音声データ1分あたりいくらとなっていることが多く、1時間のデータを文字に起こすと800円〜1,000円くらいが相場と言われています。

デザイナー・コーダー(仕事内容・報酬)

デザイナー
名刺やWEBサイト、雑誌など様々なもののデザインを手がけます。
1デザインいくらという報酬が多く、相場は2〜5万円、企業サイトのWEBサイトでは15万円ほどの報酬になることもあります。
媒体ごとに報酬の相場は異なりますが、専門性が高くなるほど報酬も上がる傾向にあります。

コーダー
コードと言われる、プログラムの入力を行います。HTMLやCSSなど、 WEBサイトを形成する上で欠かせない仕事です。
コーディングの相場は一件につき14~24万円ほどのところが多く、合わせてサイトデザインやディレクションも行えるようになるとさらに報酬額が上がります。

まとめ

在宅ワークのメリットやデメリット、人気のお仕事を8つご紹介しました。 オフィスワークという枠にとらわれず働ける在宅ワークは注目を集めており、今後もさらなる人気が予想されます。
特に日本では2020年に東京オリンピックに向けたテレワークの充実が急務になっており、多様な働き方は今後も浸透していくことでしょう。 それに先立ち、ご自身にあった働き方、仕事をどんどん見つけていきたいですね!
自分の好きなことや得意なことなど、仕事の選択肢は広がっています。 
ウルマップでは在宅のお仕事も数多くご紹介していますから、気になる業種や地方などで、お気軽に検索してみてくださいね!