URUMAP
都道府県から検索する
職種から探す
期間から探す
ウルマップ>UMA記事一覧> バックアップスタッフがいる安心のフリーランスの営業が話題
2018年11月08日

バックアップスタッフがいる安心のフリーランスの営業が話題

フルコミの仕事

今まで企業で働いてきて、さまざまなノウハウを吸収してきた営業マンであれば、一度は「商材は違っても自分は売る自信がある」と、こんな考えが頭をよぎったことがあるはずです。実際にそのまま企業で働いていくというのも手なのですが、もっと幅広い商材を扱っていくだけの力があるという方は、フリーランスの営業にチャレンジしてみるというのも1つの方法と言えます。
今回はそんなフリーランスの営業について、詳しくご紹介していきたいと思います。

フリーランスの方がもっと稼ぐことができるのでは?

実際のところ、営業経験豊富で能力の高い営業マンの方なら、会社内で定められた商材を扱うよりフリーランスで幅広い商材を扱った方が、グンと稼ぎがよくなることでしょう。
そういった意味では、フリーランス営業での稼ぎは、働き方と能力次第でどんどん上がっていくでしょう。会社に所属して営業をする場合、仕事や給料面において心配することはありませんが、業務量が膨大で追いつかず、業務時間が非常に長くなってしまうなどデメリットも多くあります。その点フリーランス営業は、自己管理と能力次第で自由に仕事を組み立てられるので、やり方次第では会社に所属しているよりももっと稼ぐことができます。
ではフリーランスで売っていく商材は、どう手配するのでしょうか? 今までの会社の子会社として、提供される商材を取り扱うのでしょうか。しかしそれでは今までの状況と大して変わりません。では会社のフランチャイズとして、営業していくのでしょうか。しかしこれも、商材が指定されてしまって、自由に営業を行うことはできません。
フリーランスのメリットとして、自由に商材が提供され、自分で選別できるのという点があるので、これにより独自のカラーを前面に打ち出すことが可能です。これにより、顧客の本当のニーズに答えることができるようになるでしょう。

会社に所属するか。フリーランスでやっていくか。

会社に所属して営業をこのまま続けるとなると、仕事量のわりには、得られる給与はそこまで多くないとして、モチベーションも上がらずに働く時間が続いてしまいます。もちろん駆け出しの営業マンであれば、営業の勉強をするために、まずは会社に所属して営業力を養うのはよいと思います。しかしある程度経験を積んで、腕のある営業マンとなると話は別です。
このまま会社に所属して働いていても、仕事としてはたしかに安定するのですが、収入面ではフリーランスの営業マンになったほうが、高くなる可能性はあります。
フリーランスは自分自身で、自由に仕事を組み立てられるのも強みであり、さまざまな商材を扱うことで営業の幅も広がってきます。会社に所属して営業する場合、商材が指定されていたり、顧客のニーズに合わない商材を扱っていたりと制限はつきもの。多ジャンルの商材を扱うことで、顧客の本当の課題を解決することができ、顧客の信頼を獲得することができます。

商材の知識を深めることでさらに幅が広がる。

フリーランス営業は、幅広く商材を扱っていくとはいえ、その知識が欠如していては顧客に説明できませんし、曖昧だと信頼も落ちてしまいます。せっかくフリーランスになったのに、結果的に収入が減り、会社で働いていたほうが良かったということにもなりかねません。
もし独立して、起業したいと考えているのであれば、自分が売っていく商材の知識はしっかりと持っておく必要があります。

ウルマップでは、販売する商材について学べる商材教育が充実しており、知識を深めたうえで、自信をもって顧客に商材を提案することができます。商材のこと細かいことを聞かれても、すぐに答えられる知識を持っていれば、安心して商材の提案ができるでしょう。こうしてさまざまな商品を提供することで、顧客の「かゆいところ」に手が届く営業が可能です。ウルマップのフォローがあれば、安心して色々な商材を販売することができるというわけです。

まとめ

フリーランスで営業活動をしていくということは、自由に商材を自分で選べたり、好きに時間のやりくりができたりと、自分の営業力次第でめいっぱい稼げるスタイルが魅力です。しかし自分を守るものは会社ではなく、自分自身のみになるため、うまく業績を上げられないと、当然稼ぎも少なくなってしまいます。
思い切ってフリーランスになっても、結局不安を感じて企業に再就職する人もいます。
現在営業職に就いていて、フリーランスへの転職を考えている方は、いきなり転身ではなく、副業として始めるという方法もあります。自分の営業力がフリーランスで通用するか、少しずつ確かめていきながら、フリーランス営業への毒りるに向けた判断をしていくというのも、ひとつの手ではないでしょうか。