ウルマップより大切なお知らせ

あなたが今ご利用の「Internet Explorer」というブラウザでは、
ウルマップのサービスの一部(お仕事の受注やクライアントとのやり取り)をご利用いただくことが出来ません。

恐れ入りますが、「Google chrome」や「Edge」などの新しいブラウザを
ダウンロードしていただいてから、ご利用ください。

Google chromeのダウンロードはこちら
2019年01月30日

無計画はダメ!フリーランスになる前に最低限準備しておきたいことを分かりやすく解説

フルコミの仕事

政府が働き方改革を推し進める中、働く場所が企業勤めだけとは限らない状況が増えてきましたており、。そんな中、生活スタイルに合わせて働けるフリーランスは様々な年齢層から注目を集めています。営業職も例外ではなく、企業に属さず自分の力で営業し、商材も自身で選べるフリーランス営業は魅力的な働き方ではないでしょうか。とはいえ焦りは禁物、「今日からフリーランス営業になります!」といってすぐ順調に働けるかというとそうではありません。
今回の記事では、フリーランス営業で働きたい方向けに準備しておきたいことをご説明します。

フリーランス営業と営業マンの違いは?

営業の仕事というと企業に属した上で、勤め先の扱うサービスや商品などをクライアントに売り込む仕事というイメージがあると思います。ですがフリーランスは商材選びも完全フリーです。企業についていた頃の営業では商材に選択肢がなく、どのような商品でも売り込みせざるを得ないというのが現実でした。ですがフリーランスなら請け負う仕事や商材全てを自身で選ぶことができるため、「これなら契約が取れる」と自信を持って仕事に望むことができますよ。また会社勤めと違い時間的拘束がないため、ご自身の生活リズムに合わせた営業活動ができます。

ご自身に合わせた働き方を選びましょう!

フリーランス営業職のメリットを要約すると時間を自由に配分できる、商材を自由に選べることでモチベーションを高く保てる、また成果を上げたぶん報酬が増える、などがあります。反面フリーランスの世界は実力や信頼がより大事になって来ることもあります。また固定給でなく出来高制のところが多いため、急な入院や長期休みなどは収入を得る手段がなくなる恐れもあります。
それぞれのメリットやデメリットを鑑みた上で、ご自身にあった働き方を選びたいですね。

フリーランス営業マンが準備しておくこと

社会的信用が必要となる審査を済ませておく

収入が不安定で社会的なフリーランスは、クレジットカードやローン、不動産などの査定においては会社勤めよりも警戒されるようです。そういった場合は保証会社を利用したり保証人にお願いすることで契約することは可能ですが、どうしても契約できるものが限られたり、時間がかかってしまいます。
会社員であるうちに、これらの契約は済ませておくといいでしょう。

健康保険、年金を変更する

会社にお勤めの時は企業の健康保険に加入していたと思いますが、会社を退職し、フリーランスとして働く前にはこの保険切り替えも忘れてはいけません。
退職後は基本的に国民健康保険に加入することとなるでしょう。忘れずに最寄りの役所によっておきたいですね。

開業届を提出

開業届は必ず出さなければならないものではありませんが、提出によって所得税も控除が大きくなるため準備しておきたい書類です。開業届は国税庁のWEBサイトからダウンロードできますから、所得税控除のためにも事前に提出しておけるといいですね。
>>参考 国税庁
[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続

確定申告の準備

自営業になるということで、確定申告も自身で行わなければいけません。帳簿に必要となる会計ソフトのダウンロードか、あるいは外注なら税理士の方に相談するなど、確定申告の時期になってからあわてず済むように手配をしておきましょう。
>>もうすぐ確定申告!でも何からすればいい?これさえ覚えておけば完璧!~個人事業主編~

続、フリーランス営業マンが準備しておくこと

フリーランス営業用の銀行口座を開設

フリーランスとして働くなら、「事業用」と「プライベート用」の口座は分けておきましょう。なぜなら仕事で生じる財政の状況がわかりやすくなるだけでなく、確定申告で事業所得に関する取引とそれ以外を分けるときにも役立つためです。
またクラウド型の会計ソフトで帳簿する場合、ビジネス専用口座とソフトを同期することでお金の移動が自動で記録されるため、帳簿の手間が省けます。

書類関係の準備

フリーランス営業として仕事をする上で必要になる書類が「請求書」、「見積書」、「納品書」などですよね。
実際に依頼を受けてから作り始めたのでは時間がかかってしまいますから、事前にテンプレートを作るなど準備しておきましょう。最近はエクセルやワードなどでテンプレートを提供しているサイトもありますから、使いやすそうなデザインをいくつか選んでおくといいでしょう。

備品や名刺の準備

仕事を円滑に進めるための備品もあらかじめ準備しておくことをお勧めします。具体的には封筒や切手、屋号・事務所住所が入った印鑑、営業には欠かせない名刺などです。またデスク周りも整えておきたいですし、机・椅子・パソコン・プリンターといった文具や家具も購入しておきます。

仕事連絡用のメールアドレスを準備する

フリーメールでもいいので、業務用のメールアドレスを別個に取得し、オンとオフのメールが混ざることによる見落としを防ぎましょう。
信頼性を高めたいという方には、フリーメールではなく独自ドメインでのアドレスという手段もあります。

SNSに登録する

情報発信、収集のために営業用のSNSアカウントを作ることも望ましいです。最近ではTwitterやFacebookなどで人脈を作る人も増えていますし、新たな出会いの場としても利用できます。フリーランスで営業をするなら是非ともチェックしましょう!

まとめ

フリーランス営業になるために事前に済ませておきたい事柄をご紹介しました。自由な時間配分や出来高制の報酬、商材を選べるなど魅力的なところの多いフリーランス営業という仕事。反面、しっかりと初期から効率よくフリーランス営業として働くためには、事前準備を着実にこなしていくことが大事になってきます。
また、今まで会社に勤めていた頃は必要なかったけれど、自営業になると避けて通れない確定申告なども新たに発生しますから、以前のノウハウがそのまま全て活かせるというわけではありません。
今まで培ったノウハウを生かしつつ、フリーランスという新たなフィールドで自分らしく活躍したいですよね!

ウルマップでは「自分らしいライフスタイル」を実現すべく、様々な形で営業のお仕事を紹介しています。きになるお仕事がないか、ぜひチェックしてみて下さいね!